これで最終回?ドラマ死役所第10回「お気をつけて」あらすじネタバレ感想

あっという間に、ドラマ死役所が最終回を迎えてしまいました。遂にシ村(松岡昌宏)の死刑の事件が明かされる?
イシマ(でんでん)の成仏はどうなるのでしょうか?

【過去のあらすじネタバレ記事】

ドラマ「死役所」はホラー?原作は人気漫画!出演者は?死役所の魅力!【ネタバレあり】

ドラマ死役所・8話「あしたのわたし」あらすじネタバレ感想!外出中の閲覧注意!

ドラマ死役所・9話「加護の会」ついにシ村の過去が!あらすじネタバレ感想

これで最終回?ドラマ死役所第10回「お気をつけて」あらすじネタバレ

幸子、加護の会を知る

シ村と幸子(安達祐実)の娘、美幸は、何故か絵の具しか食べず、食べ物を受け付けません。
何かを食べさせようとしても、「イヤ!」と食べ物を払い絵の具を食べてしまいます。
そんな美幸を見て、自分の食事が悪いのでは…と追い込まれる幸子。

そこに近所の人からの紹介で、加護の会のことを知った幸子は、一度集会へ行ってみたいとシ村に伝えます。
「全てを受け入れて愛してあげなさい。」
という加護の会教祖、蓮田の言葉に感銘を受ける幸子。
一度は家に帰りますが、ある日シ村が仕事している間に書き置きを残して美幸を連れて加護の会へ行ってしまいます。

突然の美幸の死

シ村は、すぐに加護の会へ行き幸子を取り戻そうとしますが、一週間経ったら来てくれと蓮田に諭されてしまいます。
幸子を連れ戻せませんでしたが、施設で美幸を見つけ二人で帰宅し、一週間を待ちました。

一週間後、幸子に合わせてくれといいますが、再度断られ、家には戻せないという蓮田。
自分が家族なのに、と訴えるシ村に対し、それは紙切れ一枚で繋がっている家族ではないのか?
と煽る蓮田に思わずシ村は蓮田のことを殴ってしまいます。

まんまと蓮田の思惑通りの行動にでてしまったシ村に、このような精神状態では渡すことができないと言われ、仕方なく家に戻るシ村。
しかし、美幸の姿がどこにも見あたりません。

家の中を探しても見当たらず、外に出ると、庭で美幸が血を流して倒れている姿を発見…
泣き叫ぶシ村。
シ村が留守の間に、美幸は何者かに殺されていたのでした。

警察官の横暴な事情聴取

シ村は取調室で事情聴取を受けています。
いくら否定しても警察はシ村が美幸を殺したんだろうと全くシ村の話を聞きません。
虐待で絵の具を食べさせたんだろ!!
と何度も刑事に怒鳴りつけられ暴力を振るわれるシ村。

最初は否定をしていましたが、自供しろと毎日のように暴力を振るわれ続け、全てを失ってしまったシ村は、もう抵抗することに疲れ、全て失ったことにも疲れ、全てに諦めたように表情がないまま、自分が美幸を殺したと言うのでした…

物語は死役所に戻り…

「しかしよう、冤罪でこの仕事してるのなんて、あんただけだよなぁ…」
と、シ村が死役所に訪れた時の担当だったイシマはつぶやきます。
イシマは、シ村の過去を全て知っているのでした。
「そうでしたかねぇ…」
シ村の表情は変わりません。
「あんたも成仏できるといいな…」

そしていよいよイシマと凛ちゃんが成仏の扉の前にきました。
沢山の死役所の職員が集まっています。
常に冷めているニシ川(松本まりか)も、
「これ、イシマさんがいなくなったら育てる人いないから。」と咲いていない花をイシマに渡します。
「結局咲かなかったよなぁ」
「咲かなくても、花は花ですから」
とニシ川は言います。

イシ間のファンのシン宮も悲しんでいます。
「こんなとこじゃなくて、イシマさんと知り合いたかったよ…」と
悲しむハヤシ。
「生まれ変わったら、一緒に酒飲みましょうよ!」
「おぅ!のもうぜ!」

そんな別れを惜しむ中、いよいよ成仏の時間がやってきました。
「今までありがとうございました」
と深々と頭を下げるシ村のその声は、普段の心がこもっていない声とは違い、本当のシ村の声でした。
「お気をつけて」
成仏の扉に手を繋いで歩いていくシ村と凛ちゃんを、シ村はずっと見つめていたのでした。

ニシ川の問いに

イシマの成仏後、シ村は美幸のファイルを手にしています。
そんな時、ニシ川がシ村に尋ねます。
「私たちが死者にできることってなんですかね…」と。

シ村は
「なんでしょうね…ただ、死者を送ることですかね…」
とまた表情のない顔で答えます。
「シ村さんらしい…つまんない答えですね」
と、しらけた表情で去るニシ川。

そして、幸子と美幸の誕生を待ち望んでいた幸せだった頃を回想するシ村…
「幸子さん…」
と遠くを見つめながら呟き、またいつもの業務に戻るのでした…

これで最終回?ドラマ死役所第10回「お気をつけて」感想

ん?と思いつつ、まずは、皆さんの感想を集めてみました。

ええ?これでおしまい?なんも解決してないやん!!
これが一番の感想です。

無理もないのかもしれません。
原作(まんが)でも、まだ美幸の死の真相について細かく書いていないのですから。

もやもや感が募りましたが、原作では凛ちゃんは一人で成仏し、イシマはまた別の虐待事案の子供と成仏する流れでしたが、個人的には凛ちゃんと成仏して欲しかったのでそこはよかったです。

あとは、ハヤシが赤ちゃんまで殺してしまった自分のことを凛ちゃんを通して考えていくシーンが、結構ドラマの中で描かれていたので、続編があるなら、ハヤシの成仏もあるのかな?と勝手に妄想します。

とにかく、このままではシ村が可哀想すぎますよ…?
愛していた娘を何者かに殺された上に、奥さんは行方不明…そして冤罪で死刑だなんて…
これでは絶対成仏なんてできませんよ…自分なら化けて出たいです。
宗教を信じてしまった人の家族の苦悩もわかる番組でした。

これはもう…続編希望!!

本当に、こんなにいろいろ考えさせてくれるドラマ、なかなかないですよね。
実際の事件に似たような出来事の裏側が淡々と描かれていて毎回いろいろと考えさせられました。
漫画と忠実なところも素晴らしかった!

死刑囚になった理由もそれぞれで、ドラマでは同情する死刑囚ばかりでしたね。
が!しかし、ここから先のニシ川さんや新人事務局員の話、まだまだ漫画ではいろいろあるんですよ!深い話が…。

しかも、しつこいようですが、シ村さんの話が終わってない!
これはもう、確実に続編希望です!
このままではかなりの中途半端な仕上がりです。

あと、ニシ川さん役の松本まりかさんをもっとクローズアップしていい案件です!
テレ東さん!続編お願いします!と希望せずにはいられませんでした。

また続編の情報が出ましたら、いち早くお伝えしていきたいと思います!
もやもや感が否めないあなた、テレビの続編までに漫画を読むこともおススメします。
きっと、倍楽しめますよ!今回は以上です。

 

ドラマ死役所・9話「加護の会」ついにシ村の過去が!あらすじネタバレ感想