King Gnuの読み方やメンバー、米津玄師との関係や勢喜遊の結婚相手は?

2019年もたくさんのアーティストやバンドがブレイクして、ミュージックシーンに新しい風を吹き込みました。

その中の代表的な存在と言えるのは何と言ってもKing Gnu。ヒット曲を連発して年末には『NHK紅白歌合戦』に初出場を決めるなど、2019年に大きく飛躍しました。

そこで今回はKing Gnuというバンド名の読み方や気になるメンバーの顔ぶれ、そして大きな話題を集めたドラムスの勢喜遊さんの結婚相手について調べてみました!

※アイキャッチ画像:引用元URL:https://rockinon.com/interview/detail/183548

King Gnuの読み方や名前の由来、メンバーの顔ぶれが気になる!

引用(画像)URL:https://www.allnightnippon.com/news/20190905-45556/?pg=kg

【King Gnu(キングヌー)プロフィール】

東京藝術大学出身のクリエイター・常田大希(ツネタ・ダイキ)(Vo, G)が率いるミクスチャーバンド。常田、勢喜遊(セキ・ユウ)(Dr, Sampler)、新井和輝(アライ・カズキ)(B)、井口理(イグチ・サトル)(Vo, Key)の4人体制になったのち、2017年4月にバンド名をSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)からKing Gnuに改名した。

引用(記事)URL:https://www.sonymusic.co.jp/artist/kinggnu/profile/

「キングヌー」と読むKing Gnu。ちょっと不思議なバンド名ですよね。ヌー(Gnu・アフリカに住む哺乳綱ウシ目の草食動物。大きな群れを作り大移動することで知られる)はよく知られていますが、それとバンド名とはいったいどういう関係があるんでしょう?

King Gnuというバンド名の由来は、ロックバンドが老若男女からの視線を集めてスターダムへと上りつめていくストーリーを、ヌーの群れがどんどん拡大していく様子に見立てたことにあるという(rockinon.com・2019年5月14日付記事より)

King Gnuというバンド名には実は深い意味があったんですねー。そうなるとより一層知りたくなるのがKing Gnuのメンバーの素顔。2019年3月から『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送)の木曜日パーソナリティーを担当しているVo, Key担当の井口理さんが番組内でメンバーについてこんな風に語っています。

King Gnuの曲を書いているのが常田大希という、見た目がダビデ像みたいな、彫刻のような顔をしている男なんです。イケメンというよりは「男前」、「ハンサム」みたいな言葉が似合って、俳優の窪塚洋介さんに似ているってよく言われています。

ベースの新井和輝は僕と一緒に住んでいるんですけど、もう2年半ぐらい暮らしていて、12月に家の(契約の)更新をしました(笑)。新井は舘ひろしさん的なダンディズムを持ちつつ、すごく性格もジェントルで優しい人です。(オールナイトニッポン.com・2019年7月11日付記事より)

イメージ通りKing Gnuには個性的なメンバーが揃っているんですねー。そんなメンバーをユニークな表現で紹介している井口理さんもユニークで楽しいキャラクターだということがラジオでのトークからも伝わってきますよね。

King Gnuと米津玄師との意外?な関係!

King Gnuと米津玄師さんに接点があるの…?と思った人もいると思います。

しかし米津玄師さんのツイートにもあるように、米津玄師さんの4thアルバム「BOOTLEG」に収録されている曲「爱丽丝(アリス)」にはKing Gnuの常田大希さんが楽曲のプロデュース・編曲にも携わっています。

ちなみに米津玄師さんとKing Gnuの常田大希さんは飲み仲間なんだとか。楽しいつながりから、素敵な楽曲ができるなんてカッコいいですよね。

King GnuのDr, Sampler担当・勢喜遊の結婚相手は?

ところで、2019年はKing Gnuにとってブレイクした記念の年であると同時に、メンバーにも幸せな出来事がありました。

それはDr, Sampler担当の勢喜遊さんの結婚です。普段の勢喜遊さんについては、Vo, Key担当の井口理さんがラジオ番組で次のように語っています。

『ドラムの勢喜遊(せき・ゆう)は、派手でバカ……としか言えないです(笑)。名前が「勢い」、「喜ぶ」、「遊ぶ」だから、お祭りみたいな男。名は体を表す、じゃないけれど本当にハッピーでお祭りが大好きで、海も好きで、ウニみたいな頭をしている。』

勢喜遊さんの楽しそうなキャラクターが伝わってくるトークです。

そんな勢喜遊さんと結婚したお相手はどんな人なんでしょう?気になりますね。インスタグラムで勢喜遊さん自ら結婚について報告しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. 私事ではございますが、三味線奏者の白藤ひかりさんと結婚致しました事をこの場を借りてご報告させて頂きます。 ひかりさんとは音楽活動を通して出逢い、これまで約6年間交際を重ねてきました。 彼女との出逢いのきっかけをくれた新井和輝に証人になってもらい、彼の誕生日が大安だったことにも縁を感じまして、10月29日に入籍することを決めました。 まだまだ未熟な二人ではございますが、公私問わず関わってくださる皆様に感謝を忘れず、同じ音楽の道を志し、互いの人生を支えながら共に歩んで行く所存です。 どうか今後ともご指導を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。 勢喜遊

勢喜遊(@hiibaasan_jamesbrown_sokkuri)がシェアした投稿 –

勢喜遊さんの結婚相手の白藤ひかりさんは三味線奏者。

津軽三味線の全国大会で日本一になった経験を持つ白藤さんと武田佳泉さんが2008年に輝&輝(きき)結成し、2019年4月にメジャーデビューしたという注目の津軽三味線デュオとして現在は活動しています。

二人が出会ったのは、2014年に多くのジャンルのメンバーを集めて輝&輝バンドとして活動を開始した際に、その初期メンバーとしてKing Gnuの新井和輝さんが勢喜遊さんを誘ったのがきっかけだそう。

ホントに仲がよさそうでうらやましくなるようなお二人ですね。いつまでもお幸せに!

2019年にブレイクしたことで紅白初出場など、話題を集め続けたKing Gnuのバンド名の読み方や気になるメンバーの顔ぶれ、そして大きな話題を集めたドラムスの勢喜遊さんの結婚相手について調べてみました。

管理人は彼らの今後の活躍を応援しています。今回は以上です。