紅白初出場!Official髭男dismの読み方は?メンバーや絶対聴きたいおすすめ曲!

今年も年末恒例のNHK紅白歌合戦の出場歌手が発表されましたね!

どんな歌手が出場するのか皆さんも毎年楽しみにされていると思いますが、管理人が今年一番注目しているのは2019年に彗星のごとく現れた初出場組のOfficial髭男dism

そこで今回はOfficial髭男dismの気になる読み方やメンバーはどんな顔ぶれなのか?そして、絶対聴きたいおすすめのOfficial髭男dismの曲について調べてみました!

※アイキャッチhttps://joshi-spa.jp/948440より引用

紅白初出場のOfficial髭男dismの読み方が気になる!メンバーの顔ぶれは?

引用(画像)URL:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO50496450S9A001C1000000/

【Official髭男dismプロフィール】

2012年6月、島根大学と松江高専の卒業生で結成された“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismは、藤原聡(Vo/Pf)、小笹大輔(G)、楢崎誠(B)、松浦匡希(Dr)からなる4人組。ボーカルの藤原は島根大学を卒業後、島根銀行に就職し、2年間営業を経験した経歴があるが、『紅白』出場の夢を持って4人で上京した。

引用(記事)URL:https://www.oricon.co.jp/news/2148720/full/

紅白出場の夢を持って上京して、実際に夢かないましたね!すごい!!

そして、Official髭男dism…って、なんだかとってもインパクトのある名前ですよね(笑)

一度聞いたら忘れない名前だと思います。

とはいえ気になるのがその読み方。「オフィシャルヒゲオトコディズム?」「オフィシャルヒゲオディズム?」、初めて見てすぐに正解を言える人も少ないと思います。

正しい読み方は「オフィシャルヒゲダンディズム」略して「ヒゲダン」と呼ばれています。

お笑いの髭男爵とは全く別物です!

気になるのがバンド名の由来。どうしてこういうバンド名になったんでしょう?

ユニークなバンド名は、“髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたい”という思いから。(ORICON NEWS・2019/10/5付記事)

引用(記事)URL:https://www.oricon.co.jp/special/53708/

 

バンド名なんですが、楢崎くんがバンド名を考えてたときに、誰だか分からないんですけど髭もじゃのギタリストのポスターを見たらしくて、その瞬間に「Official髭男dism」っていうバンド名が丸ごと降ってきたみたいなんですよね。それで、そのままそれがバンド名になりました!(ザテレビジョン・2019/5/16付記事)

引用(記事)URL:https://thetv.jp/news/detail/189846/

うーん、バンド名の意味が深いの浅いのかよくわかりませんが、でも単にインパクトのある名前でバンド名を命名した訳ではなく、ちゃんとした思いが込められているのはとても素敵なことだと思いますね。

気になる周囲の反応はというと…。

「結成した頃、バイト先のパートの奥さんに『意味がわからないから、バンド名を変えたほうがいい』と言われたこともあります(笑)。今ではみんなが漢字の部分(髭男/ヒゲダン)で呼んでくれて、公用語みたいになって。嬉しいですね」(楢崎誠/ベース&サックス) (ORICON NEWS・2019/10/5付記事)

引用(記事)URL:https://www.oricon.co.jp/special/53708/

「意味がわからないから、バンド名を変えたほうがいい」…確かに意味わからない(笑)。

ただ、わからないから気になる…ってのもあるし、ヒゲダンの愛称も馴染んでるし、曲とのギャップもすごいし!

楢崎さんのかつてのバイト先のパートの奥さんは現在の彼らの大活躍を見てどんな風に思っているでしょうね。

紅白初出場!絶対聴きたいおすすめのOfficial髭男dism・ヒゲダンの曲をピックアップ!

引用(画像)URL: https://tower.jp/article/news/2019/06/03/tg009

Official髭男dismの曲で絶対聴きたいと思うようなおすすめの曲をピックアップしたいんですが…選ぶのは正直言って難しいですよね。どの曲もいい曲ばかりだといっても過言じゃないですし。それでもあえて『絶対聴きたいおすすめ』の曲をピックアップしてみました!

「Pretender」(2019年5月15日発売)

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』主題歌として大ヒットしたこの曲。

史上最速でストリーミング総再生回数1億回突破を突破するなど、まさに今年を代表するヒット曲と言っても言い過ぎじゃないですね。

2019年12月16日付(集計期間:2019年12月2日~12月8日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、Official髭男dismの「Pretender」が5,518,560回再生で29連覇を達成した。(Billboard JAPAN・2019/12/11付記事)

引用(記事)URL:http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/82976

いやもうハンパないです(笑)。確かにとってもいい曲なんですけど『5,518,560回再生で29連覇を達成』は凄すぎですよ!もし「まだ聴いたことない!」という人はぜひ聴いてみて下さい!

「宿命」(2019年7月31日発売)

「2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマ・ソング」に選ばれたこの曲でヒゲダンの名前を知ったという人も多いと思います。

夏の甲子園の名場面が画面に映し出されるたびに、この曲が流れて感動が倍増したことを今でも覚えてます。

そんなこともあってこの曲を聴く度に夏の甲子園での高校球児の熱いプレーがフィードバックされるんですよね。ハートが熱くなるホントにいい曲です。

ノーダウト(2018年4月11日発売)

フジテレビ月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」主題歌です。2018年4月に公開以来6,000万回以上再生されています(2019年12月現在)

ただ、最初に紹介したPretenderは、2019年4月にUP。桁が違いますね。

紅白に初出場が決まるなど、今年一気に大きな注目を集めているOfficial髭男dismの読み方やメンバー、絶対聴きたいおすすめの曲などについて調べてみました。管理人は彼らの今後の活躍を応援しています。

今年の紅白も楽しみですね。今回は以上です。

紅白初出場のLiSAって?年齢や本名は?可愛すぎる水着画像!熱愛彼氏は?