最近飲食店のメニューなどで見かけるグルテンフリーとは何でしょうか?今回はダイエットにも効果的とも言えるグルテンフリーについて、そしてグルテンにまつわるアレルギー性や危険性についても紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

パスタや醤油、パン屋お菓子やケーキにも!グルテンフリーとは何?

近年増えつつあるベジタリアン料理やビーガン料理同様、増えているグルテンフリーメニューのあるレストランやカフェ。

グルテンとは、小麦、大麦やライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。このグルテンの中に含まれる「グリアジン」という物質には食欲を促進させる働きがあり、グルテンを多く含む小麦食品、パンやお菓子、ケーキなどに「食べても食べても止まらない」「別腹」作用が起因していると言われています。「グルテンフリー」とは、このグルテンを含まない食品全般の事を示しています。

グルテンフリーとは,ダイエット,危険性現在の食材の多くは小麦が含まれており、「コンビニ商品の8割は小麦が入っている」とも言われています。代表的なパンやお菓子だけでなく、醤油などの一件グルテンとは縁のなさそうな商品にも、小麦が含まれている事が多い現状です。

精製された小麦の中毒やアレルギーの危険性

一般の市販のパンやお菓子、ケーキなどに含まれる小麦は精製された状態です。この精製された小麦に入っているアミロペクチンは血糖値を急上昇させるため、それを下げるために大量にインスリンが分泌されます。

インスリンが過剰分泌されると何が起こるかというと、摂取した炭水化物や糖を優先してエネルギーにし、体内に蓄積された体脂肪や消費されなかった炭水化物や糖までも体内の脂肪細胞に取り込み、蓄えようと促してしまうのです。つまり、血糖値の急上昇は脂肪を溜め込み太りやすくなるという仕組みになっています。

また、グルテンを摂取する事によって心身の障害が発生するというグルテンアレルギーの例もあり、過敏性腸症候群や胃酸逆流、神経障害や皮膚疾患など重篤なケースもあるようです。 

Sponsored Link

グルテンフリーを取り入れるメリット&ダイエット方法とは?レストランやコンビニも!

レストランやカフェで見かけるグルテンフリーメニューの多くは、小麦やパン粉の代わりに米粉を使っているものが多いのではないでしょうか。米粉の他にも玄米粉やヨモギ粉などの場合もありますね!

玄米粉やヨモギ粉は若干癖がありますので最初は米粉から試してみると良いでしょう。最近では米粉を使ったグルテンフリーのパスタやラーメン、ケーキなども販売されています。

グルテンフリーとは,ダイエット,危険性最初は慣れないかもしれませんし、お腹が満たされない割に割高だと感じるかもしれません。ただ、精製された小麦を摂取してインスリンの急上昇を抑えることにより、不思議と本来の食欲を無視した食べ過ぎを防げますし、脂肪を溜め込む習慣がなくなってくるので、自然にダイエット効果につながります。

現在はナチュラルローソンなどのコンビニでも、グルテンフリーのふすま粉を使ったふすまパンや、オーガニックのお菓子を販売しています。まずは普段ついつい買ってしまうお菓子やパンから変えてみるのもいいかもしれませんね!

以上、今回はグルテンフリーについてでした✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 MAI KONNO