「オトナの土ドラ」フジテレビ土曜ドラマ「真昼の悪魔」あらすじ内容や主演の田中麗奈さんのサイコパスな医者ぶりが怖い!患者役の中村蒼がどうなるのか続きが気になる!と話題です。

今回はそんな深夜ドラマ「真昼の悪魔」第3話ロケ地となったバーロケ地店名口コミ感想、また主人公・葉子が勤めている病院のロケ場所、撮影現場も紹介していきます! 

Sponsored Link

大人の土ドラ土曜深夜ドラマ「真昼の悪魔」病院ロケ地はどこ?

田中麗奈さん演じる主人公の葉子関東女子医大付属病院に勤める優秀な女医。葉子は頭も腕もよく、患者に対しての対応も評判、おまけに美人と一見完璧ですが心に悪魔を宿しており、自分の周りや患者を残酷な方法へ悲劇へと陥れていきます。

葉子が勤める病院・関東女子医大付属病院の実際のロケ場所はどこなのでしょうか?

情報を確認してみたのですが、現段階では特定の病院がロケ地に使われているという情報は確認できませんでした。病院の個室でのシーンなどはもしかしたらセットの可能性もありますね〜。

こちらは確認次第更新していきますね!

Sponsored Link

フジテレビドラマ「真昼の悪魔」3話で葉子・田中麗奈と大倉孝二・原田龍二が会ったバーのロケ地はどこ?アクセスは?

ドラマ「真昼の悪魔」3話では、かなりいい雰囲気のバーで田中麗奈さんと大倉孝二さんがデートしているところに、原田龍二さんが現れて一触即発状態になるシーンがありましたね〜。

大企業の社長にも関わらず何度もフラれ続ける大倉孝二さん(涙)。

大企業の経営者で大金持ち、その気になればどんな女も・・・という役柄は「お前絶対キャラ違うだろ!」と突っ込みたくなりますね〜(笑)。

ドラマでは日本のドナルドトランプと呼ばれる程の成功者であり、大倉孝二さんとはライバル的な存在の経営者、原田龍二さんの登場。

ちなみに原田龍二さんの場合はどうしても「相棒の陣川くん・・」となってしまいますね(笑)花の里で女性にフラれて酔っ払う姿がどーしても抜けません。

まぁこの後田中麗奈さんによって丸裸で椅子に縛られ、それを動画に撮られるという事態になるわけなのでどの道・・という感じですが(笑)

成功者達が集う場所としてはぴったりな雰囲気のゴージャスなバーですが、ロケ地はどこだったのでしょうか?

ドラマ「真昼の悪魔」3話で田中麗奈さんと大倉孝二さんがデートし、原田龍二さんが現れた雰囲気のいいバーは、恵比寿にあるBAR KITSUNE(バーキツネ)

ボトルがズラリと並ぶカウンターとゆったりとした空間。華やかな雰囲気がデートや合コン、パーティにぴったりですね!

恵比寿・BAR KITSUNE(バーキツネ)のアクセスはこちら

最寄駅渋谷駅恵比寿駅共に徒歩8分。代官山駅からは徒歩10分ほど。 渋谷と恵比寿の間にあり、駅からは少し歩きますが散歩するのも楽しいおしゃれなエリアですよね。場所柄外国人のお客さんも多いようです。

「真昼の悪魔」第3話ロケ場所・バーKITSUNEの口コミ感想、値段や営業時間は?

ドラマ「真昼の悪魔」3話で撮影現場として使われたBAR KITSUNEの口コミ感想はこちら。

店内は4つのエリアに分かれているようで、シチュエーションに合わせて選べるとか。

特にレインボーに光るアイランドカウンターのあるメインホールがめちゃくちゃカッコイイ!モニターも沢山ありスポーツ観戦も可。ちなみに、どのメニューもめちゃくちゃ美味しいです!

メニューも創作寿司や日本酒なんかもあって、ひそかに最近のなかで一番のヒットなお店です!食事はフレンチ(?)ベースですが、和食とのフュージョンなメニューも多数。

アクリルやレコードを使用した料理の出し方はアバンギャルドな感じで店のスタイルにもぴったり。私にとっては人に教えたくないけど教えたい、そんな感じのお店ですね笑

ラグジュアリーな空間で料理も美味しい、立地もおしゃれ、となると値段はかなり高いのでは・・?と思いきや、予算相場は3,000円〜4,000円前後とかなりお手頃値段!これはかなりありがたいですね〜。

営業時間日曜~木曜が18時~3時、(L.O.02:30)、金・土・祝前日が18:00~翌5:00 (L.O.4:30)と夕方から翌朝まで!ドラマや映画の撮影現場としてだけでなく、テレビや雑誌などメディアでも紹介されている有名店なので、週末の深夜はおしゃれな男女でかなり賑わってそうですね〜。

以上、今回はドラマ「真昼の悪魔」病院やバーロケ地についてでした✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG