モスバーガーといえば数あるファーストフードの中でも「産地直送野菜」や「オーダーしてから調理」などこだわりが強い店舗として有名。今回は、モスバーガーが働く美容女子に強い味方である理由を3つ上げていきます!

Sponsored Link

モスバーガーが使える理由その1:フリーwifi&電源があること※店舗により異なる

今やマクドナルドの深夜客層の多くはPCを持ち、フリーwifi電源目当てでカフェ感覚の使用者です。モスバーガーもマクドナルドや他ファーストフード店、カフェ、レストランと同様、フリーwifiを設定している店舗が多くあります。

また、電源設置やコンセントを自由に使えるような店舗も。渋谷や新宿などのターミナル駅近くの店舗でも、カフェほど混んでいないので、かなり使い勝手がいいですよ!

ちなみにコーヒーは2杯目から100円。スターバックスコーヒーと同じ価格でお代わり出来るのもコーヒー好きには嬉しいサービス。

モスバーガーが使える理由その2:早朝〜深夜営業店舗が多い!

実はモスバーガー、営業時間がとっても長いんです。24時間営業とまでいかなくても、朝7時から深夜24時まで営業のお店も。

朝食を抜いてきた!とか残業でご飯作る余裕ないしコンビニはちょっと、、、という場合も、ファーストフードといえど、メニューをちゃんと選べば作りたての野菜や美容を気にする女子にも嬉しいメニューも。

Sponsored Link

モスバーガーが使える理由その3:肉を使わない大豆ミートの「ソイパテ」対応メニューが多い!

モスバーガーには、パテに肉を使用していない、「ソイパテ」がカスタマイズ可能です。ソイパテとは、大豆から作った「大豆ミート」を使用し、肉のような食感やボリューム、味を低カロリーで楽しめる優れもの。
ベジバーガー」と呼ばれる肉を一切使用していないのバーガーを扱ったレストランやカフェも今はかなり増えましたよね。同じファーストフードフレッシュネスバーガーなどでも、ソイパテ対応の「ベジタブルバーガー」を扱っています。

モスバーガー,店舗 モスバーガーではモスバーガー、テリヤキバーガー、チーズバーガーなど、何と10種類前後のバーガーに対応。これはかなり嬉しいですよね!ちなみにMAI★はマヨネーズもあまり得意ではないので、ソイパテのマヨネーズ抜きをよくカスタマイズしています♪

今回はこだわりファーストフード、モスバーガーについてでした!オニポテやシャキシャキの野菜に加え、最近は完全ビーガン対応のスイーツのラインアップも出ましたよね。

ビーガン対応ということは、白砂糖乳製品を一切使っていないということ。チーズケーキやマンゴースイーツなど女子にはたまらない一品も!是非試してみてくださいね!

今回は以上です✨

Sponsored Link