大晦日に食べる「年越し蕎麦」の習慣はあるけど、「年明けうどん」って何?という方もいるのではないでしょうか。

今回は近年ブームの「年明けうどん」の由来意味、食べる期間はいつからいつまでなのか、また香川さぬきで開かれる年明けうどん大会や、全国から美味しいレシピが応募されるレシピコンテスト受賞レシピについても紹介していきます!

 Sponsored Link

年明けうどんとは?意味や由来、始まりは?そもそも年越し蕎麦の由来とは?

麺を食べる一般的行事としては、大晦日に食べる「年越しそば」が有名ですよね。年越し蕎麦はの由来は、他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味があり、大晦日の晩の年越し前に食べる様になったそうです。
さぬきうどん、年明けうどんそれに対して、「年越しうどん」ならぬ「年明けうどん」とは、2008年に香川にある「さぬきうどん振興協議会」が、麺食行事の普及と縁起を担いだ商業的な目的に新しく「年明けに縁起を担いで食べるうどん」として広めたものです。

つまり、日本国内でうどんの消費拡大を目的として始めたのがきっかけなんですね。

また、うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきた事や、「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願う、ともされてます。

年明けうどんの食べる期間はいつからいつまで?丸亀製麺やカップ麺「どん兵衛」も!

年明けうどん食べる期間は、元旦から1月15日まで。年明けうどんは、メニューとしてうどんに紅いトッピングなどを添えます。

年明けうどん,正月トッピングは具体的に梅干しや金時人参の天ぷら、赤いかまぼこなどを用いる事が多いようです。日本人の好きな「赤」と「白」の組み合わせで、華やかな見た目ですよね!

年明けうどん,正月また、立ち食いそば屋の様なセルフ式で有名な丸亀製麺や、カップ麺で有名な日清どん兵衛でも「年明けうどん」の取り入れています。丸亀製麺では元旦から数日の間の期間限定日清どん兵衛では12月19日から年明けうどん版のカップ麺を販売しており、通販も行っています。

年明けうどんの美味しいレシピ!香川さぬきではかるたもある大会やコンテストも!

そんな年明けうどんですが、現在ではさぬきうどんの本場、「うどん県」の香川県で「年明けうどん大会」も催されています。

年明けうどん大会は12月中旬あたりに行われ、「うどんかるた」などの様々なサービスイベントやワークショップなども行われます。また、レシピコンテストなども開催され、オリジナリティ溢れる華やかなレシピや「ご当地うどん」が全国各地から応募されています。

年明けうどん,レシピ,コンテスト

年明けうどんレシピコンテストの受賞レシピはこちら。

年明けうどんレシピコンテスト、グランプリ受賞レシピ

年明けうどんレシピコンテスト、準グランプリ受賞レシピ1

年明けうどんレシピコンテスト、準グランプリ受賞レシピ2

年明けうどんレシピコンテスト、審査員特別賞受賞レシピ

ものすごい個性溢れるうどんばかりですね・・!個人的には2つ目の「あんもち雑煮風さぬきうどん」がかなり気になります!あんこと雑煮の融合という、かなり斬新なアイディアですよね!

お正月お雑煮おせち料理に少し飽きたな、と思い始めてきたら、「年明けうどん」も是非トライしてみてください!

以上、今回は年明けうどんについてでした✨

 Sponsored Link

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 TREND BLOG