生理前生理中辛い症状PMSで毎回っぽくなる、やる気がなくなり眠くなる、体がだるくて集中力がなくなる、酷い時は死にたくなる、、、など、女性特有の「生理うつ」にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「生理うつ」症状を和らげる、オススメ対処方法を紹介していきます!

Sponsored Link

生理中のPMS症状を和らげる方法その1:早寝早起きの朝型生活に切り替える

体がだるいな、重いな、と思いつつもダラダラとテレビやスマホを見て気づいたら24時を回ってる・・なんて事も多いと思いますが、生理中は体も心も安静にする必要があります。

生理前から生理中、または閉経期はエストロゲンが減少し、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが減少しています。

冷静,保つ.簡単,習慣,身につけ,落ち着き.取り戻す

「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれる成長ホルモンが多く分泌される2時から2時に出来るだけ睡眠をとり、太陽の光を浴びる時間を多くしてあげましょう。

生理中のPMS症状を和らげる方法その2:暖かいハーブティなどカフェインレスのお茶を飲む

生理痛には「豆乳」が効く、というのはよく聞きますよね。

豆乳にはエストロゲンと似た成分のイソフラボンが多く含まれていることから生理中や生理前のPMS症状や生理痛症状にオススメされますが、シンプルに「暖かい飲み物」を飲むことの「リラックス効果」と「体を温める効果」も十分効果的です。

風邪,治し方,食べ物,飲み物

 体を冷やしてしまうカフェインが含まれていないハーブティ豆乳ココアカフェインレス紅茶に生姜とはちみつを入れた生姜紅茶などもおすすめです。

Sponsored Link

生理中のPMS症状を和らげる方法その3:電子機器から離れて、掃除・アロマ・ヒーリング音楽・瞑想など、ストレスフリーな空間を作る

聴覚は勿論ですが、人が視覚から得るストレスは脳にかなり大きな影響を与えます。普段スマホやPCの液晶をずっと見ている、という方はまずは一度全ての電子機器の電源を切りましょう。

もし部屋が散らかっていれば、元気があれば少し掃除ができると良いですね。物が散らかった空間からスッキリした空間に変わるだけで、気分も晴れやかになります。 

眠れない,呼吸,対策,ストレッチ,方法,焦る,暗示

さらに視覚や脳を休める場合は、電気を暗くしてアロマキャンドルを焚いたりヒーリング効果のある音楽を流してぼーっとする、瞑想をする、などがおすすめです。

目や耳から入る情報を脳から取り入れず、頭の中での考え事もお休みして、ひたすらぼーっとしましょう。

生理中のPMS症状を和らげる方法その4:眠る、お風呂に入る、ストレッチをするなど体を解放する

一人でボーっとすると悲しい気分になる、死にたくなる、鬱症状が悪化する、という場合もありますよね。

そんな時はとにかく頭であれこれ考える前に、体を解放させてあげることが必要です。

眠さを感じているのであれば、とにかく横になって眠りましょう!「夜眠れなくなるかも」と我慢したり心配する必要はありません。私の経験上、夜も眠れます(笑)

眠れない時のオススメ方法はこちら

深夜に興奮して眠れない!焦る夜、寝たまま簡単にすぐ眠れる方法は?

ただ、万が一眠れなくても出きるだけ早い時間に横になりましょう。体が横になって目をつぶってるだけで、人間は「寝ている」と錯覚してくれます。

冷静,保つ.簡単,習慣,身につけ,落ち着き.取り戻す

また、暖かいお風呂に入ったり、軽く上下左右に体を伸ばす様なストレッチもおすすめです。それでも物足りない場合は軽く運動をしたり散歩したりするのも良いですね!

いかがでしたか?今回はつらい生理前〜生理中のうつ症状について緩和させる対策方法でした。仕事が休める方は出来るだけ休んで、しっかり体と心を大事にしてくださいね。

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG