立春が過ぎ、春一番が吹く時期になると、真冬の寒さから一転、10度を超える暖かさの日もあり、徐々に厳しい寒さの冬の季節の終わりと、春の訪れを感じる時期になってきました。

暖かくなるのは嬉しい反面、やはり気になるのは花粉。毎年スギヒノキ花粉による花粉症に悩まされ、マスクティッシュ目薬処方箋が手放せない、鼻水くしゃみ目のかゆみ痛みだけでなく、頭痛熱吐き気悪寒など風邪の様な症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

今回はそもそも花粉症なぜ起きるのか、花粉症は食べ物飲み物治すことはできるのか、花粉症症状に効く食べ物飲み物、逆に食べたらダメな症状を悪化させてる食べ物飲み物について紹介していきます! 

Sponsored Link

花粉症は食べ物や飲み物で治せる?そもそも花粉症はなぜ起こるのか?

厚生労働省の調査によると、国民のおよそ25%が花粉症にかかっていると考えられているそうです。

一度発症すれば完治が難しいとも言われており、現在ではのほかにお茶などの飲み物食べ物で花粉症症状の緩和対策などに注目も集まっていますよね。

残念ながら現在では食べ物や飲み物で花粉症を完全に治すことは出来ないと言われています。

そもそも花粉症はなぜ起きるのでしょうか?

風などによって外部から体内へ侵入してきた花粉に対し、細胞はこの花粉を異物と認識して抗体を作ります。そして再度入ってきた花粉を排除しようと反応します。

この免疫反応に対して過剰に働き、花粉を排除しようとして細胞が活性化され、「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」と呼ばれる伝達物質が放出され、神経や血管を刺激し、くしゃみ鼻水などのアレルギー症状が出るのです。

Sponsored Link

花粉症を和らげるのに効果的な食べ物飲み物は?

鼻水目のかゆみ痛みくしゃみなどで家の中にいても続く、辛い花粉症眠くなるから出来ればは飲みたくない、、という方も多いのではないでしょうか。

花粉症症状緩和させるのに効果的食べ物飲み物として、身体のバランスを整える機能性成分ポリフェノールを多く含まれる食品が挙げられます。

花粉症に効果的な食べ物その1:レンコン

レンコン表面にある黒ずみだったり黒い斑点は、ポリフェノールの一種であるカテキン。

埼玉医科大学の研究によるとレンコンを9週間食べ続けると、アレルギー症状を起こす抗体の血中濃度が下がったというデータも出たそうです。

花粉症に効果的な食べ物その2:シソ

シソには抗アレルギー作用のある「αリノレン酸」やポリフェノールの一種、ロズマリン酸が含まれており、抗炎症作用、抗酸化作用に期待ができます。

また、シソに含まれるフラボノイド(ポリフェノールの一種)の「ルテオリン」には、花粉症の原因物質を抑える作用もあると言われています。

花粉症に効果的な食べ物その3:イチジク・リンゴ・バナナなどの果物

果物にはビタミンや食物繊維、ポリフェノールが沢山含まれているものが多く、ミネラルや鉄分、アントシアニンを多く含むイチジクや、リンゴポリフェノールを含みヒスタミン抑制効果のあるリンゴなどもおすすめ。

またバナナに含まれるビタミンB6が花粉症のくしゃみに効果があると言われており、毎日食べ続けると効果的という実験結果も出ています。

ただ、花粉症持ちの方は果物アレルギーの場合もありますので、過剰摂取には注意し、自身の体にあった摂取の仕方を心がけましょう。

他にも花粉症予防に効果的と言われる甜茶や、フキ玉ねぎなどもおすすめ。

Sponsored Link

花粉症を悪化させる食べたらダメな食べ物飲み物は?

反対に花粉症の症状がひどい時に食べてはダメな食べ物や飲み物はどんなものでしょうか?

花粉症を悪化させる食べ物その1:ファーストフード・コンビニ食

花粉症の様なアレルギー反応には体の免疫機能やホルモンバランスとも深く関係しています。

ファーストフードコンビニ食には化学物質や免疫機能低下を招くトランス脂肪酸が多く含まれており、花粉症を悪化させる可能性があります。同様にマーガリンもトランス脂肪酸が多く含まれているので、過剰摂取は花粉症悪化に繋がります。

花粉症を悪化させる食べ物その2:ハム・ソーセージなどの加工食品

ハムやソーセージ類等の加工食品には亜硝酸塩や保存剤など多くの添加物が使われています。

この亜硝酸塩も過敏性を高める刺激物質とされますので注意が必要です。

花粉症を悪化させる食べ物その3:アルコール

アルコールは身体の中に入ると分解される過程でアセトアルデヒドが発生し、ヒスタミンの放出を増やしてしまいます。鼻水、くしゃみ、鼻づまりなど、主に鼻に起きる花粉症症状を悪化させます。

忘年会,めんどくさい

いきなり辞めるのは難しいという場合は摂取量を少なめにする、水で割ってアルコール度数を低くする、など調整しましょう。

他にもアレルギー症状を高めてしまう白砂糖や、ホルモンバランスを乱す働きをするグルテンを含む小麦粉の過剰摂取も要注意です。

グルテンについてはこちら

グルテンフリーとは何?メリット&ダイエット方法とアレルギー危険性

いかがでしたか?花粉症は普段の生活習慣やライフスタイルにも深く関連しています。食生活位以外にも、十分な睡眠を取る、ストレスを溜め込まない、など普段の健康管理を注意して、春を乗り切っていきましょう!

2017花粉の時期はいつからいつまで?東京は?冬からもう飛んでる?

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG