2017年2月3日(金)に訪れる節分の日。今年も子供との豆まき恵方巻きの準備をそろそろしなければというお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。今回は節分の由来起源豆まき意味歴史を紹介します!

Sponsored Link

節分の意味は?旧暦ではお正月が立春だった!

節分には、「季節を分ける」という意味があります。日本では春夏秋冬と4つの季節があり、それぞれの季節の始まりの日は立春、立夏、立秋、立冬と言われていますよね。節分というのは豆まきをする日、と言うことではなく、いわばこの立春、立夏、立秋、立冬の前日全てが「節分」とも言えます。

ちなみに昔の節分の日は現在の大晦日、12月31日であり、元旦の1月1日が立春とされていました。旧暦では1年の始まりは立春から始まると考えられていたんですね。

しかし江戸時代あたりから1月1日は年明けという概念に変わり、立春は大体2月4日頃を示すようになり、現在の節分は立春の前日である2月3日前後になった、という訳です。

節分,豆まき,由来旧暦の節分(大晦日)では「けがれ」や「災い」を追い払い、新たな年を迎えるために厄払いも節分(大晦日)に行われていました

現在ではお祓いはお正月の初詣と一緒にされる方が多いですが、これは旧暦の節分の行事の名残なんですね。立春から1年が始まるとされる旧暦の考えを採用している神社の神主さんは、節分当日だけでなく正月〜節分までに厄払いをすれば良いとする所もあるようです。

節分の歴史は?豆まきの意味や由来は?

節分の歴史平安時代まで遡り、節分は宮中の行事であり、当時は季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていました。

豆まきの起源はこの邪気払いの行事に由来していますが、豆まきの始まりは、宇多天皇の時代である900年前後と言われています。

鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われています。節分,豆まき,由来この邪気払いの行事に豆が使われる理由には、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあるそうですよ!   

Sponsored Link

節分の豆まき、豆の種類の歴史は?

現在では豆まきに使われる豆は大豆だけでなく「拾って食べられる様に」と殻つきの落花生などを使用する地域もあるそうですが、この節分に使う豆の歴史にはどの様なものがあるのでしょうか?

節分の豆に落花生を使う事の多い北海道や東方地方の節分。落花生の栽培が日本で始まったのは明治時代のはじめなので、豆まきに落花生が使われるようになったのは、明治以降になります。北海道では昭和30年代から、大豆から落花生にかわってきたともいわれています。

節分,豆まき,由来北海道や東北、信州のような雪が多く寒い地方では、外にまいた大豆を拾うのは大変です。しかし、殻つき落花生だと拾うのが簡単で、しかも、拾ったものを食べるときには、殻つきのほうが衛生的だし経済的ですよね。

さらに殻つきだと豆が砕けることがないので、家の中にまいたときも、掃除が楽にすむ、という理由で寒い地方じゃなくても小さなお子さんがいる家庭では殻つき落花生を使用する家も多いのではないでしょうか。

現在では豆だけでなく、神社や大きな節分イベントではお菓子や米、当たりくじ、電化製品など多種多様なものがまかれているそうです。

節分,お菓子,豆まきいかがでしたか?今回は節分や豆まきの由来や歴史についてでした。ただ豆まきする日、という訳ではなく、節分には意外と知らなかった由来や歴史がある事が分かりましたよね!

今回は以上です!

2017年の節分の日や豆まきの正しいやり方についてはこちら

2017節分はいつ?豆まきの正しいやり方やルール、豆の種類や数は

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG