お酒を飲んだあとは、例えビールでお腹いっぱいでも、アルコールで酔っ払っていても、締めのラーメンなどの炭水化物が欲しくなり、食べログで検索したり屋台に寄ってしまったりなど、ありますよね!

また、冬で寒くてもアイスクリームが食べたくなって、帰り道にコンビニでハーゲンダッツを買って食べながら歩く甘党男子や女性も多いのではないでしょうか?

今回はお酒を飲んだ後翌日ラーメンアイスクリームが食べたくなる理由を紹介していきます!

Sponsored Link

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなる理由は?

お酒を飲んでお腹がいっぱいになっているにも関わらず、ラーメンが食べたくなってしまう、我慢できない理由には、気分的なものだけではなく体内の消化システムに原因があるようです。

アルコールが体内に入るとまず胃で20%、残りの80%が小腸で吸収されて血管に入り、肝臓に送られます。

そして肝臓でアルコールが分解されるわけですが、この時に非必須アミノ酸のアラニン、グルタミン酸。ミネラルの一種である亜鉛。ビタミンB1が必要になってきます。

引用元:マイナビニュース

ラーメン,飲んだ後肝臓アルコール分解されるのは有名な話ですが、その消化には必要な成分がある様です。

実はラーメンやうどん等、お酒のあとに食べたくなる食べ物には、この4つの栄養素のうち、アラニン・グルタミン酸・亜鉛が多く含まれているのです。
 
アラニンは豚肉や豚のゼラチン質、鰹節等に多く含まれ、グルタミン酸は小麦タンパク、大豆等に多く含まれています。そして亜鉛は牡蠣を代表とする貝類やカツオに多く含まれているのです。
 
引用元:マイナビニュース

アルコールを分解するのに必要な成分がラーメンやうどんなどの麺類のツユなどに特に多く含まれているから、アルコールを飲んだ体はラーメンなどの麺類を求めてしまうという事なんですね!

Sponsored Link

お酒を飲んだ後にアイスが食べたくなる理由は?

お酒を飲んだ後食べたくなる代表的な食べ物として、ラーメンの他にアイスクリームが挙げられます。

アイスとラーメンには糖質を多く含むという以外にはあまり共通点がない様に思えますが、なぜアルコールを飲んだあとはアイスが食べたくなるのでしょうか?

前述の通り、アルコールを摂取すると、それを肝臓で分解します。肝臓は、ブドウ糖をグリコーゲンという物質に変化し貯蔵、栄養が不足したときなどに体の要求に応じて再度ブドウ糖にもどし、エネルギーの元として活用させるという、言わば身体を動かすエネルギー元を貯蔵する働きを行います。

しかし、アルコールを分解している間は、肝臓はその通常の動きを行うことができなくなります。その結果糖分が不足し、低血糖になる為、ラーメンと同様、糖分が多く含まれるものを摂取したくなると言われています。

アイス,飲んだ後また、お酒を飲んだ後にアイスクリームを選ぶ理由には、この様なものがある様です。男性には

「アイスの冷たい刺激が心地よい」「口の中をさっぱりさせたい」「酔いを覚ましたい」「クールダウンできる」

など、アイスの「機能的性質」に価値を置く理由が多く見られ、女性には

「幸せな気分をより高めたい」「楽しい時間の余韻に浸りたい」

など、「感情部分を豊かにする部分」に重きをおいた理由が挙げられました。とても興味深いですよね!

また、男女問わず、アイスクリームはラーメンよりもロリーが低く、「罪悪感」や「後悔度」が低いことも大きな理由となっている様です。

Sponsored Link

アルコールを飲んだ翌日に起こる状態とは?筋肉痛や二日酔い、頭痛はなぜ起こるのか

お酒を大量に飲んだ翌日などは特に、頭痛吐き気めまい筋肉痛などの二日酔い症状を経験された方は多いですよね。

そして、飲んだ後ラーメンアイスなどの糖分を摂取した場合や、お酒と一緒に食べたおつまみに糖質が多く含まれているものを大量に食べた時は、そこまで二日酔いの症状がなかった覚えはないでしょうか?

二日酔い,頭痛,外人アルコールが分解される途中段階で、アセトアルデヒドという、肝機能に障害をもたらす有害物質が発生します。このアセトアルデヒドは二日酔いの原因の1つとされています。

肝臓は早くアセトアルデヒドを分解し、無害な酢酸と水、二酸化炭素にしてしまおうと働くのですが、この分解作業には先にも挙げたアラニン・グルタミン酸・亜鉛・ビタミンB1が必要になってくるのです。

また、二日酔い症状によって直し方原因が異なります

例えば日本酒などに多く含まれるアデノシンという成分は頭痛を引き起こし、コーヒーに多く含まれるカフェインや、牛乳に含まれるセントロニンという成分が効くと言われています。

また、吐き気だるさ水分不足に負担がかかっている事などが原因である可能性があるので、水分を多くとる必要があります。筋肉痛など、低血糖が原因であると思われる場合は糖分を多く含む果物などがよく効きます。

ビール,飲み会このようにアルコールでも何を飲んだのか、どのような症状なのかによって二日酔いの原因や治し方は変わってきますので、飲みの席では糖質を多く含むものを摂った方がいい!飲んだ後のラーメンやアイスは体に良い!という訳では決してありません

夜中のカロリーの摂りすぎは体にも心にもデメリットが大きいので、適度にいろんなバランスを気をつけながら、翌日も楽しくなる飲み方を心がけていきましょう!

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG