街のスイーツ専門店が賑わい恋人同士や片思いの男女が盛り上がるバレンタインデー日本のバレンタインではチョコを贈る習慣がありますが、海外バレンタインではどんな習慣があるのでしょうか?日本との違いなど、早速見てましょう !

Sponsored Link

海外のバレンタイン・アメリカ&ヨーロッパでは?

まずはヨーロッパアメリカバレンタインデーから見ていきましょう!

ヨーロッパのバレンタインデー

ヨーロッパバレンタインデーでは、チョコレートだけでなく、ケーキメッセージカードなどのプレゼントを贈る習慣があります。また、女性から男性からだけではなく、男性から女性へもプレゼントを贈る事が多い様です。

イタリアフランスではヴェネチアやパリの様なロマンチックな場所へ旅行へ行ったり、食事をしたりすることも多いそう。また情熱を意味する赤いバラを男性が恋人に贈ることも多い様です。何だか恋愛の国フランス・イタリア人らしいですよね!イギリスでは日本と同様に、菓子メーカーの戦略でチョコレートを贈る習慣が19世紀後半から始まりました。

また、イギリスではバレンタインの日は、カードで好きな人に告白するチャンスの日になっていますが、そのカードに名前を書かない人が多い様です。イギリスでは伝統的に男性は好きな女性に匿名のカードを送っており、その伝統は現在のイギリスでも続いている様ですよ。

アメリカのバレンタインデー

アメリカでは日本と違い、男性から女性にプレゼントを贈る傾向が強いです。こちらもチョコレートよりもカードが定番です。中にはジュエリーなどの高額品を贈ったりもする様です。日本でも既に交際中だったり結婚している場合は高級な宝飾品などを送る場合もありますよね。

アメリカのバレンタインは恋人同士や夫婦家族などが贈り合い「感謝」の意味合いが強く、愛の告白という目的で贈る習慣はない様です。バレンタイン,面倒イギリスは本命の恋、アメリカは感謝、という意味合いが強く、義理チョコも当然ない様です!どちらも男性が贈る事が多い様なので、女性はドキドキですね!

Sponsored Link

アジアのバレンタインデー

対して日本から影響も大きいと思われるアジアバレンタインはどの様なのでしょうか?

韓国のバレンタインデー

やはり日本の影響からか、韓国では女性から男性へチョコレートを贈られることが多いです。その熱狂ぶりは日本以上で、バレンタインデーの2週間ほど前になると雑貨屋さんやパン屋さんなどがチョコレート屋さんに変わってしまうほど。

また、義理チョコの文化も最近では増えつつあるようで、ホワイトデーもあります。

また、韓国ではバレンタインデー・ホワイトデーだけでなく、さらにその1か月後の4月14日にはブラックデーというのもあります。ブラックデーというのは、バレンタインデーやホワイトデーで恋人ができなかった者同士が黒い服を着てチャジャンミョンという料理を食べる日

何だかバレンタインのありがたみが薄れてきそうですが、驚くのはまだ早いですよ!

バレンタイン,面倒なんと韓国では、5月以降も、毎月14日は恋人にまつわるイベントの日になっており、それも1月まで続きます。つまり、韓国では一年中、毎月14日は恋人同士が何かしらのイベントをする日といなっているのです!

内容は恋人同士でカレーを食べたり映画を見たり赤ワインを飲んだりカレンダーをプレゼントしたり、という内容。どうやら韓国のマーケティング効果は日本以上の威力の様です。

台湾・ベトナムのバレンタインデー

台湾ベトナムも日本の影響で、チョコレートを贈る習慣がありますが、贈るのは男性から。ホワイトデーも基本的になく、日本や韓国ほど盛り上がりはない様です。

タイのバレンタインデー

タイでは男性から女性にバラの花束を贈る習慣があり、またバレンタインデーに合わせて入籍する人が多い様です。

どうやらアジアを含めても、女性から男性にあげる習慣は日本と韓国だけの様ですね!

Sponsored Link

インド・イスラム諸国のバレンタインデー

反対に、宗教などの理由バレンタイン禁止されている国もあります。

インドのバレンタインデー

インドでも、台湾やベトナムなどと同様に、男性から女性へチョコレートや花束を贈る習慣があります。

ただし、一部右翼団体が「ヒンズー文化に合わない」として、バレンタインを祝うものを攻撃すると宣言するなどの問題にもなっています。

インドでは断食の習慣や動物性食品を一切摂取しないビーガンが多い国なので、バレンタインデーを派手に祝う文化は好ましくない、という人も多いかもしれません。

イスラム諸国のバレンタインデー

サウジアラビアなどのイスラム教の国では、バレンタインデーを祝うことは全面禁止となっています。

しかし、宗教的な禁止にもかかわらず多くの人たちがバレンタインデーを祝い、いくつもの業者が商品を販売しており、最近では取締が厳しくなる傾向になっているそうです。バレンタインデーを祝う者は極刑もありうる、とまでも言われています。

バレンタイン,海外いかがでしたか?国によってかなり文化や習慣が異なる海外のバレンタイン事情。たまにはバレンタインデーを海外で過ごしてみるのも面白いかもしれませんね!

今回は以上です✨

関連記事

バレンタインデーの意味や由来、起源!日本のチョコの歴史いつから?

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG