バレンタインデー起源由来チョコを渡す意味歴史いつからどこで始まったのでしょうか?今回はバレンタインの歴史由来、また日本の義理チョコホワイトデーの始まりについて紹介していきます!

Sponsored Link

バレンタインの由来や起源は?

バレンタインデーは、実はとても歴史が長く、その起源は約1750年前のローマに遡ります。もともとは、269年にローマ皇帝の迫害によって殉教した 聖ヴァレンティヌスに由来します。

269年当時、ローマでは、2月15日はルペルカリア祭という豊作を祈願する祭日でした。

ルペルカリア祭の前日(2月14日)に若い娘たちは自分の名前を書いた札を桶に入れ、祭りの当日、男たちが桶から札をひき、ひいた男と札の名の娘が、祭りの間パートナーとして一緒にいる習わしでした。

そして、そのまま結婚するというのが一般的だったのです。

引用元:暮らしのオモシロ豆知識

何だか現代の高校の学園祭やバラエティなどで使われそうな様式ですが、そのまま結婚するのが一般だったなんて驚きですね!

しかし、若い兵士の結婚は戦闘の士気が下がるという理由で認められていませんでした。そんな中、キリスト教司祭であるバレンタインは、密かに兵士と恋人をかくまって結婚させていたのです。この行為により、バレンタインは捕らわれてしまいます。

古代ローマその頃のローマではキリスト教は異端の宗教として迫害されていたこともあり、見せしめのために、ルペルカリア祭の生贄としてバレンタインは祭りの前日(2月14日)に処刑されました。

その後、キリスト教徒の間ではバレンタインが聖人に列せられ、処刑された日を恋人たちの日としてセント・バレンタインデーとなったのです。

バレンタインデーの意味は、実は禁断の恋を実らせた司祭が罰せられ、天国に召された日。元々はキリスト教徒によって始まった宗教的歴史を持つ日でもあったんですね。

Sponsored Link

バレンタインデーの日本の歴史やチョコを渡す意味とは?

現代ではすっかりバレンタインデーはイコールチョコレート合戦、というような雰囲気ですが、そもそも日本のバレンタインチョコの歴史はいつからなのでしょうか?

日本のバレンタインデーの始まりは戦前、1936年に遡ります。2月12日に神戸の洋菓子店モロゾフが、東京で発行されていた英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に、「バレンタインデーにチョコレートを」という、チョコレートを贈ることを提唱した広告を載せます。

この広告が始まりで、神戸からバレンタインデーにはチョコを贈ろう、というブームが広がります。日本のバレンタインの始まりの地が神戸、というのは何となく「ぽい!」という感じですよね!

神戸から始まったバレンタインとチョコのコラボレーションは、1958年に日本初の百貨店販売として伊勢丹新宿本店メリーチョコレートがバレンタインセールを行う事で大きく発進します。1960年には森永製菓が新聞広告などマスコミを通してバレンタイン企画を行い、チョコレートの販売促進を図りました。

さらに本格的に「バレンタインの贈答品=チョコレート」になるのは1970年代。70年代前半には小学校高学年から女子高生の間でバレンタインデーのチョコレートが急速に広まります。

義理チョコ&ホワイトデーのマシュマロは1970年後半に福岡から!

バレンタインのお返しである3月14日のホワイトデーの始まりは、バレンタインデーが広まる1970年代後半。1977年に、福岡県の和菓子屋・石村萬盛堂がバレンタインデーのお返しにマシュマロを、と提唱し、マシュマロデーというのを始めたのが始まりです。

1979年になると他の菓子店がホワイトデーという名称で普及を図ります。そして、1984年にはホワイトデー用の商品が品不足になるほどの盛況となり、ホワイトデーが定着しました。

ちなみにこのホワイトデーの誕生と同じくらいのタイミングで義理チョコという概念が登場します。

実は1980年位まではバレンタインは本命だけに渡す、というものだったんですね!現在は義理チョコや友達に贈る友チョコ、男性から女性に贈る逆チョコなど、チョコレートの意味もかなり多様化されていますが、もしかしたら義理チョコの始まりは、当時もらえない男性が義理でももらえないだろうか?というのが始まりだったのかもしれないですね。

以上、今回はバレンタインデー&ホワイトデーの由来や意味、歴史についてでした! 

関連記事

海外のバレンタイン事情!ヨーロッパやアジアの習慣、日本との違いは

自分用に!2017バレンタインデー美味しいおすすめチョコ&店は?

クリスマスではなぜケーキを食べる?由来と起源・歴史は?日本だけ?

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 MAI KONNO