最近インスタグラムツイッターでよく見る時計の写真。中でも多いのは、石原さとみさんが以前、月9ドラマ「5時から9時まで ~私に恋したお坊さん」で着けて一気に「かわいい!」と話題となったダニエルウェリントンの時計ではないでしょうか?

そしてSNSアップ写真には決まってコメント欄に「15%オフで購入出来る」という内容のクーポンコード。投稿者はもしかして「ただでもらってる」のでしょうか?

そして、「それなら自分もモニター応募したい!」「どうやってモニターになるのか方法を知りたい!」という「モニター希望」者も多いのではないでしょうか。

という事で、実際にダニエルウェリントンの時計をもらってインスタでアップした事のある友人に、具体的な内容を聞くべく早速取材してみました!

Sponsored Link

ダニエルウェリントン、クルースなどの時計モニターになるには、インスタやブログなど SNSの人気が必須?

これは実際にダニエルウェリントンの時計をもらってインスタでアップした方から聞いた話ですが、最初はダニエルウェリントンの人からいきなりDMをもらったそうです。

石原さとみ着用で人気となったDW・ダニエルウェリントンの時計画像

インスタ,ステマ

DMとは、インスタグラム上で使えるメッセンジャーの様な機能、ダイレクトメールの事。投稿やコメントと違い、ユーザー同士で会話できるツールです。内容は、好きな商品を無料で送るから、その写真をアップして宣伝して欲しい、という内容。たったこれだけとの事でした。

Sponsored Link

タダで時計モニターになるための条件は?どうすればなれるの?

実際にダニエルウェリントンの時計をもらって、実際にその写真をインスタにアップたMAI★の友達は、結構有名人です。有名人というのは、インスタやツイッターなどのSNSでファン、つまりフォロワーが多いということ。

プライベートの交友関係だけでインスタをやっている方は多くても数百人~いっても1000人ほどと思いますが、自分のビジネスやカリスマ的存在として有名な方は、数千~数万人のフォロワーはざらにいますね。インスタで大人気であるローラさんや水原希子さん、渡辺直美さんはフォロワー数百万人。

しかし、そういった芸能人や有名人でなくても、写真のクオリティなどによって一躍有名になれるのがインスタグラム。事実、インスタグラムで一躍有名になったGENKINGさんやMEGBABYんも、フォロワー数は数十万人にあがります。

クルース,時計,モニタ−,インスタMAI★の友達はそこまではいきませんが、10代の頃から読者モデルをやっているのと、まめに自分のファッションスナップなどをアップしているので、その着こなし方やおしゃれな世界観に憧れを抱いているファンの方が多くいて、フォロワーさんの数は数万人以上います。

つまり、それだけ発信力が大きく、影響力を与える可能性がある、という事ですね。

実際に彼女には、ダニエルウェリントンの時計以外でも、他のブランドや化粧品、健康食品のモニターをやってもらえないか、という内容のDMがちょくちょく送られてくるそう。

つまり、時計モニターになるには「一定数のフォロワーがいること」が条件ポイントのひとつとなっているようです。

これは、インスタグラムだけに限らず、ブログの読者数や、ツイッターフォロワー数も同様のようです。ブログやSNSなどのネット上で影響力が大きいと思われる様な結果を出していれば、こちらからモニターやりたい!など発信しなくても間違いなく「モニターをやりませんか?」と向こうからいってくるでしょう。

Sponsored Link

ステマ?これって違法じゃないの?海外でも問題視されているステルスマーケティングとは

インスタを使った商法で有名になったダニエルウェリントンに限らず、企業が提供するサービスや売りたい商品の宣伝を「宣伝」と明示せずにSNSなどで見ることが本当に多くなりました。実際の経由を見ると、企業側が宣伝目的でアプローチしていることは明らかなのに、結果だけみるとまるで広告ではないように見えてしまっていること。

ちなみにインスタでは「これはPRです」という#PR(PRタグ)をつけている写真もあります。これは「完全にPR、つまり宣伝広告である」と自ら謳っているので問題ありませんが、多くの写真はこういったタグ着けや明示はしていません。

ポールヒューイット,ステマ,インスタ,時計,モニター

実際にMAI★の友達も、「プレゼントされた」とか「GETしました」と写真のコメントに書きましたが、これだけでは「企業から宣伝のために」贈ってきた、ということまでは分かりませんよね。

日本よりもSNSマーケティングが進んでいる海外では、早くもこの問題が話題となっています。

18歳で何千ドルも稼ぎだしていた人気インスタグラマーが、突然過去の投稿を削除。広告費やメイキングなど、完璧な「インスタグラム・ライフ」演出の実態を暴露して話題になっている。

オーストラリアのインスタグラマー、Essena O’Neillさんは、57万を超えるフォロワーを抱えていた人気者。しかし、彼女は投稿した2000枚もの写真を削除。

アカウント名を「Social Media Is Not Real Life.(SNSはリアルじゃない)」と変え、残した写真を通じて企業広告などの裏側を暴露した。

引用元:Fashionsnap.com

インスタファンを喜ばせる為に、何万円、時には何十万円の投資をして、資産も時間も1枚の写真につぎ込む、という行為はインスタグラムでは珍しいことではありません。実際に影響力のあるインスタグラマーは、そうした努力の積み重ねで富と名声を手に入れている場合も多くあります。

ちなみにMAI★の友達はこういうモニターに関して最初は協力的だったそうですが、最近はあまりにもこういう類のDMが多く、今は全てお断りしているそうです。

ステマステルスマーケティング)の問題点もあるかと思いますが、その前に自分のインスタの写真があまりに宣伝写真が多くなってもイメージがよくない!という理由が大きいみたいです。

まとめ

今回はインスタなどSNSでよくみる時計モニターになるにはどうしたらいい?というレポでしたが、実は奥深い問題点なども浮き彫りになりました。

インスタツイッターyoutube等、個人が使うツール次第で有名になれる超情報時代。やはり、使う側のリテラシーも高く、うまくこの時代を渡っていかなくてはいけませんね。ただ、個人的にダニエルウェリントンの時計はかわいいなぁと思ってしまうMAI★なのでした(苦笑)

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 MAI KONNO