年明け」とは元旦からいつまで期間の事を言うのか、また「明けましておめでとうございますという新年挨拶はいつまで言うべきなのか、ご存知ですか?

年末に「年明けに送ります」「年明けに返事します」と言われた案件、いつまで待てばいいのか。今年になって初めて会う人だけど、元旦からかなり経っている時でもいうべきなのか、判断は難しいですよね。

また外国人の方への新年挨拶の言い方や、「年明け」の意味単語で自然なのはどのようなワードなのでしょうか。

今回は年明け」「新年挨拶」はいつまでなのか、英語での表現についても紹介していきます!

Sponsored Link

「年明け」はいつまでのことを指す?

年明け」をいつまでの事を言うのか、という定義は特に決まっていませんが、ケースバイケースとしても仕事の場合、大抵は元旦を過ぎた後の営業第一日〜三日後遅くても1週目以内、というのが常識的な範囲ではないでしょうか。

多くの企業は新年第一営業日は会社で初詣に行ったり新年会や顧客への挨拶回りをする場合も多いでしょうから、通常営業に入る数日後、と考えるのが一般的のようです。

年明け,新年挨拶,いつまでまた、プライベートの場合の「年明け期間の定義は、更にその期間は広がると考えたほうが良いですね。年明けすぐ、つまり「元旦数日後」の場合もあれば、ただの社交辞令として使われた場合もあります。

「いつまで」という特定の定義がない分、もし重要な約束ごと等で「年明け」という言葉が使われた場合は、具体的な日付を確認したほうがいいかもしれません。

Sponsored Link

「明けましておめでとう」などの新年挨拶はいつまで言うべき?

新年初めて会う人には必ず使う「あけましておめでとう」の挨拶。この新年あいさつを言う期間は実は松の内が目安と言われています。

松の内とは、家の玄関などに門松を飾っておく期間です。門松は家に福を呼び寄せるので、「おめでたい」縁起物ですね。ですから、この期間は「明けましておめでとう」と言って然るべきです。

通常松の内は、関東1月7日大正月を、関西では1月15日小正月を松の内とし、地域によっても変わります。

門松,正月ただ、職場によっては新年の営業第一日が1月7日だったり、長く冬休みを取る場合は10日頃だったりする場合もあるでしょう。

その場合は松の内を過ぎていても、同僚や上司、会社仲間や顧客、クライアントへ「明けましておめでとう」のあいさつをする場合も当然ありますね。また、その他にも1月中は年が明けて初めて会った人には挨拶をする場合が多いですね。

ただ、喪中の場合や旧年中に不幸が会った方などもいる可能性もありますので、仕事関係の人やあまり親しくない間柄の人へは、直接会う時や電話の場合はいきなり「おめでとう」は使わずに、まずは「今年もよろしくお願いします」のみに留めておくのが無難です。先方が「おめでとう」を使ってきたらそれに呼応するのが自然ですね。

Sponsored Link

「年明け」「新年挨拶」英語での言い方は?

年明け」を英語で言う場合の言い回しは、”The turn of the year”と言います。

「年末年始」

“near the close to another year”
”year-end and new year”
“year change period”

などといいます。「ホリデーシーズン」の“New Year holiday”とも言いますね。

年明け,意味,英語

新年挨拶の英語での言い方ですが、定番の挨拶は

“Happy New Year”  

“With best New Year’s wishes”

など。家族揃っての挨拶は

“Best wishes from everyone in my family”

などを使います。ビジネスでの表現だと

“Season’s greetings and best wishes for the New Year”

などが使われます。

ちなみに年賀状で使われる「A HAPPY NEW YEAR」という言い方は厳密には間違い。挨拶で”Happy new year”と言うことはあっても不定冠詞の“a”はつけません

また、海外の場合は

“Merry Christmas and a Happy New Year!”  

という様に、クリスマスと新年の挨拶を一緒に行うことも多くあります。

また、日本と違って海外でのクリスマスの意味合いは、イエス・キリストの生誕を祝う宗教的な儀式としてもあるので、宗教色のないメッセージである

“Happy Holidays!” 

といった言い回しもありますね。

新年挨拶一つにしても、日本語と英語での言い回しはかなり違って興味深いですよね!

ちなみにクリスマスもですが、クリスマスケーキも、日本と海外ではかなり違います。

クリスマス・クリスマスケーキの日本と海外の違いについてはこちら

クリスマスではなぜケーキを食べる?由来と起源・歴史は?日本だけ?

以上、今回は「年明け」や「新年挨拶」についてでした✨

関連記事はこちら

2017正月明け!仕事始めがだるい、眠い、辞めたいを解消する方法

初詣はいつ迄?混雑しない2017東京穴場おすすめパワースポット

正月・元旦にやること&やるべきこと!独身ひとり?家族?過ごし方は

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 TREND BLOG