泣きたくないのになぜ出るの?女の子じゃなくてもつい涙が出ちゃう時、ありますよね!辛い時悲しい時理不尽な目にあった時やり切れない時もう限界

泣きたいけど、でも泣けない泣くのを我慢しなければ、涙をこらえなければいけない時。無理やり笑顔を作ったり、明るく振舞ったり、大人って大変です。

今回はそんな大人なあなたへ、涙をこらえる方法泣くのを我慢する方法すぐに効く効果的な、即効元気になる笑顔になれる嬉しくなる方法、そして悲しい時にはなぜ涙が出るのか?その理由も紹介します!

Sponsored Link

なぜ悲しい時は涙が出るの?涙が出る理由とは

辛い時悲しい時どうして涙が出るのでしょうか。

涙が出る理由には

  1. 基礎分泌
  2. 刺激性分泌
  3. 情動性分泌

という、大きく分けて3つの理由があります。

一つ目の基礎分泌とは、実は目には眼球や網膜などを守るために常に微量の涙が流れており、その基本的な働きを示しています。流れている涙の量は目に見えない量なので自分自身も気づきません。

二つ目の刺激性分泌には、目にホコリやゴミなどが入った時、玉ねぎを切った時の硫化アリルに反応する涙など、外部の要素により流れる涙が該当します。

三つ目の情動性分泌とは、悲しい時や嬉しい時などの一定以上の感情が高ぶったことによって流れる涙です。

「悲しい時に流れる涙」は、この三つ目の「情動性分泌」の涙なんですね。

泣く,我慢,方法,涙,こらえる涙を流すほどの「悲しい」もしくは嬉し涙の「嬉しい」という感情は、人間の体にとっては強いストレスになります。ストレスというのは、ストレスホルモンが大量に分泌されるという事ですから、涙はこのストレスホルモンを外へ排出するための役割と言われています。

また、涙を流した後スッキリしたり脱力感が出たりとデトックス効果があるとも言われていますよね。

これは感情が高ぶって交感神経が優位な状態から、涙腺が刺激され涙を流すことで副交感神経が優位になり、自律神経が調整される事に起因すると言われています。

大泣きした後に眠るほど疲れてしまうのは、泣くことで体力を消耗しただけでなく、高ぶった感情が落ち着いた事にも起因しているのです。

Sponsored Link

泣くのを我慢する・涙をこらえる方法

それでは情動性分泌である涙をこらえる方法、悲しい時や辛い時に泣くのを我慢する方法には、どんなものがあるのでしょうか?

泣くのを我慢する方法その1:口を開ける

一つ目は、口を開ける事。大きく開けなくてもいいので、軽く口を開けてみましょう。人は口を開けてると集中してものを考えられなくなるため、涙も自然と止まってきます。

泣くのを我慢する方法その2:上を見る

二つ目は、上を見る事。上を向くと目が見開かれ、涙が蒸発しやすくなります。また、うつむく体勢がより一層悲しい気持ちが深める様に、上を向く体勢には「元気が出ている時の体勢」だとが反応してくれるので、自然に涙も止まりやすくなります。

泣く,我慢,方法,涙,こらえる

泣くのを我慢する方法その3:涙が止まるツボを押す

体には涙が止まるツボというのも存在します。涙を止めるツボである「承泣(しょうきゅう)」は、黒目である瞳孔の真下に位置し、骨のふちの部分にあります。涙を止める他にも、視力回復効果などもあります。

後は、深呼吸をしたり、伸びをしたり、顔を横に振る飴を舐めるなどという、涙腺以外の身体を動かす事も効果があると言われているのでオススメです。

Sponsored Link

悲しい時・辛い時にすぐに元気になる&笑顔になれる方法

悲しい時、辛い時に元気になる方法笑顔を取り戻す方法は?いろいろありますが、今回は即効性のあるものを紹介していきます!

悲しい時・辛い時にすぐに元気になる方法その1:面白い画像&面白い話を見る

一つ目は、即効笑える様な面白い画像面白エピソードを見る事です。出来るだけくだらないものがいいですね。

悲しいし泣きたいけど仕事中だし気持ちを切り替えなきゃ、と言う時は、下手に自己啓発ものを見るよりも個人的にはオススメです。自分の過去の失敗など、悩んでもどうしようもない事で切り替えが出来ない時などは、一瞬でどうでもよくなりますよ笑。

面白い話まとめはこちら

悲しい時・辛い時にすぐに元気になる方法その2:笑顔を無理やり作る

二つ目は、無理やり笑顔を作る。試しに今、唇を横に広げて、笑顔を作ってみてください。そして目も一緒に笑ってみましょう。少し気分が明るくなりませんか?

これは笑顔の時に動く表情筋の動きを、脳が「嬉しい時や楽しい時の表情」と記憶しているから、意識の方も騙されて嬉しい気持ちに連動されているのです。

どうしても笑顔が作りづらい、という場合は目の前に可愛い赤ちゃんがいると想像してみましょう。自然に笑顔が作りやすくなります。

悲しい時・辛い時にすぐに元気になる方法その3:散歩をする、体を動かす

三つ目は、散歩をする、体を動かす事です。もしも時間が1分でもあるのであれば、トイレに行くふりや何かを取りに行くふりをして、歩く事をお勧めします!体と心は予想以上に連動しているものなので、体を動かしたり歩くだけで気持ちを切り替える事ができます。

可能であれば外を散歩したり、音楽を聴いてダンスをしたりするのもおすすめ。アドレナリン活性化され、幸せホルモン分泌が促されます。ただ、そんな気分になんかならないし時間もない場合が多いですよね。そんな時は社内の廊下でもいいから、1分でも歩くことをおすすめします。

悲しい時・辛い時にすぐに元気になる方法その4:長い時間をかけてはーっと言いながら息を吐く

四つ目は、呼吸です。一度今ある息を全て吐き、思いっきりお腹を膨らませてから、出きるだけ長い時間をかけて息を吐きましょう。声が出せない時は呼吸だけでいいですが、可能なら「はーっ」と低い声に出して肺を刺激させる事をおすすめします。

自分の声を聞く事で冷静になる事ができ、内臓を働かせて副交感神経を優位にさせる事で、自立神経が調整され、悲しい気分が和らいできます。

泣く,我慢,方法,涙,こらえる,元気,笑顔いかがでしたか?今回は涙が出てくる理由と、涙をこらえる方法悲しい時に元気になる方法を紹介しました!辛い時、悲しい時は必ず乗り越えるために訪れると言いますが、理由の追求や反省には時間がかかったり、落ち着いたタイミングでしか出来なかったりする時もありますよね。

そういった一時的に涙をこらえなければいけない時などは、参考にして頂ければと思います。そして、「涙活」という言葉があるように、泣きたい時は、自分の部屋やトイレなど、泣ける環境で思い切りなくのも大切ですね。

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 TREND BLOG