「一年の計は元旦にあり」という様に、毎年1月1日元旦過ごし方は、いつもより身の引き締った気分になる方が殆どなのではないでしょうか。

今回は、年末年始の中でもお正月元旦にやることやるべきことおすすめを紹介します!独身ひとりという方も、家族彼氏彼女恋人過ごす方、ペットと過ごす方なども是非参考にして頂ければと思います。それでは早速見ていきましょう!

Sponsored Link

正月・元旦にやるべき事一つ目:一文字の書き初めをする

一つ目はお正月定番書き初め。定番ですが、ここでおすすめなのは書く文字は「一文字」だけに絞って書いてみましょう。そして、何度も書き直すのではなく、出来るだけ一発で書きあげましょう。

やはりそれだけ集中して文字を書くので、出来上がったものにもが込もっています。一年間その書き初めを自分の机の前に置いておくつもりで書きましょう。

正月・元旦にやるべき事二つ目:目標を立てる

書き初めをしたら漠然と「自分はこういう一年にしたい」というの様なものが心に芽生えていると思います。その気持ちがなくならないうちに、具体的目標を立てましょう。

例えば「続」という文字にした場合は「ダイエットを成功させる為に、毎日10分の筋トレを続ける」、「昇」という文字にした場合は「仕事で上半期の売り上げを目標の○倍まで伸ばす」など。

一つでもいいので、より具体的な目標を立てるのがオススメです。

正月・元旦にやるべき事三つ目:瞑想・ヨガをする

出来れば書き初め目標を立てる前にやっておきたいのが瞑想ヨガ。そして、やるのは朝起きてすぐなるべく早い時間がおすすめです。元旦の朝早くやるというのは、その1年の始まりの瞬間に行うということ。5分でもいいから瞑想をするのは非常にオススメです。

瞑想には記憶力向上ストレス軽減自律神経調整など様々な効果があり、毎日行う事で劇的に体調が良くなるほどの効果があるとも言われています。正月,初日の出,元旦,散歩また、瞑想の後はヨガをする事で集中力アップ、筋肉も目覚めて体温上昇血流も良くなり脳の働きも良くなります。瞑想もヨガも、呼吸をするが大切なので、必ず呼吸をしながら行いましょう。ヨガをする場合は、1年の始まりだからと気合を入れて無理なポーズを頑張るのではなく、体が喜ぶようなストレッチの感覚で十分です。

混んでないスポットを知っている場合は、初日の出を見ながら、または海辺での瞑想ヨガをするのも最高におすすめですよ!

Sponsored Link

正月・元旦にやるべき事四つ目:家族・お世話になっている人に挨拶をする

独身の方や、元旦仕事ひとりで過ごす方も多いと思います。優雅に正月気分を味わう余裕がないという方も、少しだけ時間をとって、これから過ごす一年間に向けて、自分の周りの愛する人やお世話になっている人に挨拶をしましょう。

直接会うのが理想的ですが、そうもいかない場合は電話で話したり、メールをしたりと、年賀状を既に出している場合でも、形式的にならない挨拶をするのはオススメです。

メールSNSの場合は「あけおめことよろー」みたいな一斉発信な軽い感じではなく、一人一人心を込めて行うのが良いですね。

正月・元旦にやるべき事五つ目:散歩・ランニング

元旦初詣に行く方も多いと思いますが、神社と家の往復だけではなく、ついでに少し遠回りをして散歩をしたりジョギングしたりするのもオススメです。

近所の神社に行く場合は、いつもと違う道を通って「いつの間にかこんな景色になったんだなぁ」という新しい発見や、どこか懐かしい気持ちになったりと自分の心に新しい風を入れるきっかけにもなります。

お餅おせち料理食べ過ぎ運動不足の防止にもなりますし、元旦の街は普段よりも静かでキラキラして、いつもと違う顔を見せています。5分ほど軽く走ったり、家の周りの数百mを歩くだけでも、晴れやかな気持ちになれますよ。 正月,初日の出,元旦いかがでしたか?今回は正月、特に元旦にやるべきおすすめ5選の紹介でした!1年の計は元旦にあり、充実した元旦と、素晴らしい1年をお過ごしください✨

今回は以上です!

関連記事はこちら

年末までにやり残した事&やっておきたい事!今からまず始める事は?

年末年始おすすめ過ごし方!何する?独身一人30代男女がやるべき事

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 TREND BLOG