クリスマスと言えばクリスマスケーキ!毎年12月24日近くになると洋菓子店からコンビニまで魅力的なトッピング飾り付け砂糖細工をまぶしたケーキが町中に溢れますが、そう言えばなぜクリスマスにはケーキを食べる習慣があるのでしょうか?

今回はクリスマスになぜケーキを食べるのか?その起源由来日本海外違い歴史などを紹介します!

Sponsored Link

クリスマスケーキの起源・由来は?

クリスマスケーキはそもそもイエス・キリスト生誕の日でもあるクリスマスを祝って食べるケーキの事。日本の他にもイギリスアイルランドフィリピン韓国など多くので親しまれています。

ちなみに日本ではクリスマスケーキはイブである12月24日に食べる事が多いですが、本来のクリスマスは12月25日です。「イブ」とは前日を示します。

欧米などの海外諸国ではクリスマスイブやクリスマスの期間は家族と過ごす日であると認識されており、11月終わり頃から家族親戚のためにプレゼントを買ったり、イルミネーションインテリアデコレーションなどで町中がクリスマスムードで賑わいます。

クリスマス,ケーキ,なぜ食べる日本ではハロウィンが終わった11月前半から一気にクリスマスムードに切り変わりますよね。また、海外では家族と過ごす日、というのに対し、日本では恋人と過ごす日、という雰囲気があります。これは海外では「家族の為に集まって過ごす日」という名目上クリスマス休暇があるのに対し、日本ではそのような休暇がない事も起因しているかもしれません。

このような「クリスマスイコール、クリスマスイブに恋人と過ごす日」という日本の認識がいつから始まったかというと、クリスマスイブのパーティーが行われ始めた明治初期からと言われており、昭和初期には既にこの風習が付いていたとされています。

また、1980年後半から、音楽山下達郎クリスマス・イブ」、女優深津絵里を起用したJR東海CMで、「クリスマスと言えば恋人と過ごす」という認識がますます強まったとも言えます。

Sponsored Link

日本のクリスマスケーキの発祥は?

日本人がクリスマスにケーキを食べるきっかけとなったのは、明治43年、1910年まで遡ります。菓子メーカーの不二家創業者藤井林右衛門さんが、大正元年にアメリカに修行に渡った際に出会った「イチゴショートケーキ」を日本人好みの味に改良したことが始まりです。

そして大正11年(1922年)にクリスマスケーキとしてイチゴのショートケーキを含めたクリスマス特別のケーキの販売を開始し、その後関東、関西へ拡大し、全国的に普及していきます。クリスマスケーキ,由来,不二家つまり、日本クリスマスケーキ不二家のマーケティングによって、イチゴショートケーキ定番人気となったのです。

また、イチゴのショートケーキは生クリームと、イチゴサンタクロース等の砂糖細工は赤と、の二色を基調としています。元来日本人は、紅白饅頭や運動会の赤組白組など、白と赤になじみがある人種。おめでたい意味のある「紅白」を使っている事も、ショートケーキが日本人に好まれる理由とも言われています。

Sponsored Link

海外のクリスマスケーキは?フランスやイギリス・イタリアは?アメリカはケーキを食べない?

日本のクリスマスケーキの定番にイチゴを使ったショートケーキが多いのに対し、海外ではどのようなクリスマスケーキを食べるのでしょうか?

フランスのクリスマスケーキ:ブッシュ・ド・ノエルの由来・意味は?

日本でも多く見られるようになったブッシュ・ド・ノエル。ブッシュ意味フランス語で「木・丸太」。ノエルは「クリスマス」の意味です。

丸太の形をしているのはキリストの生誕を祝って、赤ん坊が風邪をひかない様に暖炉でくべる薪から由来しているという説があります。

クリスマスケーキ,由来,ブッシュドノエル

ドイツのクリスマスケーキ:シュトーレンの由来・意味は?

日本のパン屋でも見かけるシュトーレン。ブランデーなどアルコールに浸したパンにドライフルーツなどを入れ、白砂糖をまぶした堅めのパンです。

シュトーレンはドイツ語で「坑道」を意味し、トンネルのような形から名前が付いているそうです。粉砂糖は、クリスマスに降る雪や、赤ん坊であるキリストの産着になぞらえたと言われています。

スタバのシュトーレンについてはこちら

スタバで人気!ドイツのケーキ、シュトーレンの味&カロリー、意味は

イタリアのクリスマスケーキ:パネトーネの由来・意味は?

パネトーネは、レーズンなどのドライフルーツが生地の中に入っている甘いソフトなドーム型のミラノ発祥のパン。イタリアではこのパネトーネをクリスマスに食べるのが主流のようです。 

イギリスのクリスマスケーキ:クリスマスプディングの由来・意味は?

イギリスでは具材にプラムやドライフルーツを使ったクリスマス・プディングが伝統的なケーキ。由来はケルト神話にまで遡ると言われており、16世紀までにクリスマスケーキのシンボルとして確立されます。チャールズ・ディケンズ著「クリスマス・キャロル」やルイス・キャロル著「鏡の国のアリス」にも登場しますよね!

rankingshare-834de990b06e11e4ad7006f78209233fea3bed1a2bebb5a0aaクリスマスケーキと一言で言っても、各国で様々なケーキの風習があるようですね!ちなみに日本でもそうである様に、あくまでその国の代表的なケーキなので、勿論他のケーキ屋パンを楽しむ人たちも多くいます。

ちなみにアメリカでは定番といえるケーキはない代わりに、代表的なのはジンジャーブレッドなどのクッキーをクリスマスに食べる文化もあります。

スタバのジンジャーブレッドラテについてはこちら

スタバ期間限定ジンジャーブレッドラテのカロリー&味は?

今回は、クリスマスになぜケーキを食べるのか?という事についてでした!皆大好きなクリスマスケーキ、たまにはいつもと違うクリスマスケーキの楽しみ方もいかがでしょうか?

今回は以上です✨

関連記事はこちら

海外のバレンタイン事情!ヨーロッパやアジアの習慣、日本との違いは

「年明け」はいつまで?新年挨拶を言うべき期間&英語での言い方は?

Sponsored Link