年末年始といえば忘年会新年会などお酒の出番が多くなる飲み会シーズン。毎回幹事をやらされたり、付き合いめんどくさい、そんな方もいるのではないでしょうか。

今回は忘年会新年会にまつわる「参加しない理由と、人間関係を壊さない、やんわり上手く断る方法を紹介します!

Sponsored Link

忘年会や新年会に参加しない、行きたくない、断る理由は?

忘年会や新年会を断る理由には、こんなものがあるようです。

忘年会,めんどくさい

忘年会や新年会に行きたくない理由その1:上司や同僚の愚痴などでつまらない、行く価値がない

一つ目は、飲み会に行ってまで会社仲間に気を使いたくない、愚痴を聞かされたりで辛い、というケース。また新人社員などは上司お酒をついだりと気を使ったり、「」をやらされる場合もありますよね。

忘年会や新年会に行きたくない理由その2:皆が楽しそうな中、一人でぽつんとなって孤独になる

二つ目は、周りは楽しそうだけど自分だけが孤立してしまうというケース。また、話すことがなく愛想笑いをするのが辛いというケースも。

忘年会や新年会に行きたくない理由その3:ただ単にめんどくさい

三つ目は、ただ単にめんどくさいだるいというケース。飲み会自体にそもそも興味がなく家に帰って自分の好きな事をやりたい、という方も多い様です。

他にもタバコが嫌、食べ物飲み物の趣味が自分と違う、自腹だったり奢らなきゃいけないからかかる値段が辛い、など様々な意見が。

Sponsored Link

角を立てない、人間関係を壊さない上手く断る方法

それでも付き合いがあるのが社会人というもの。忘年会や新年会を断るときも「めんどくさい」と断ったら大変な事になってしまうかもしれません。毎回幹事を頼まれたりする方は特に頭を悩ませるのがこの「断り方」じゃないでしょうか。

忘年会,めんどくさい

忘年会や新年会を上手く断る方法その1:有給を使う、早めの冬休みを取る

一つ目は、有給を使ったり早めに冬休みを取るケース。この場合は忘年会や新年会の誘いが来る前に冬休みを取った方が角が立たないので、出来るだけ速く動きましょう。

忘年会や新年会を上手く断る方法その2:「別の大事な予定がある」という

理由を聞かれなければ「予定がある」「都合が悪い」などで十分と思いますが、それでは角が立ってしまったり、理由を聞かれたりなどの場合は、有無を言わせないレベルの予定の方が無難です。

「小学校からの親友の結婚式の準備」や「高校時代のホームステイ先のファミリーが20年ぶりに日本に遊びに来てる」など「そりゃ優先しなよ!」と言われる様な予定にしましょう。

とはいえ、嘘を付くのは良くない事。ただ、どうしても「嘘も方便」が必要なケースの時は、相手が気分を害したり心配させてしまったりする様な嘘を付くのはやめましょう

忘年会や新年会を断るときに絶対やってはいけないこと!毎回断るのはマナー違反?

飲み会を断るときに絶対やってはいけないのは「ドタキャン」。どうしても断りづらくて、直前で「体調が悪い」などを理由にキャンセルするのは、マナー違反です。幹事にも迷惑がかかりますし、参加メンバーにも気を使わせることになるので、絶対にやめましょう。

とはいえ、忘年会や新年会というものは周囲の人間との親睦を深めるのには絶好の機会です。普段なかなか近づけない相手との距離を縮める貴重な機会にもなります。

毎回断って参加しない事によって、「ノリの悪い奴」と思われることを恐れるよりも、「信頼関係を築く機会を失っていないか」という事を危惧した方が良い場合もあります。現に、忘年会や新年会で話せた事によって新たな関係が築けた、というパターンもある様です。

周囲の環境と自分のプライベートタイムとに上手く折り合いをつけて、楽しい年末年始を過ごしましょう!

今回は以上です✨

Sponsored Link