ポニーテールはハゲる?アホ毛の原因は?簡単綺麗な直し方やアホ毛対策!

生活全般 美容

乾燥の季節、冬になると一段と気になるのが「アホ毛」。

せっかくセットした髪型やポニーテールの横やおでこからボワっと飛び出た髪の毛たち、なんとかしたい!ただ手間はかけたくないし毎日セットなんて無理な方、いますよね。

今回はそもそもセットする時間なんてなくて忙しいからポニーテールにまとめてるんだし、という女性の方へ悩めるアホ毛の簡単綺麗な治し方&対策、そして毎日ポニーテールや同じ髪型をするとハゲてしまうなどのリスクを紹介していきます!

Sponsored Link

アホ毛の原因は?

アホ毛とは、まとめた髪の毛の表面からビンビンと跳ねている短い毛のことを言います。

実は1990年代頃に関西の若者の間で広く広まり、その後関東でも認知されるようになったとか。ちなみにアニメの世界でも「アホ毛」は頭頂部からまとまった毛の束が触覚の様に飛び出たものが多いですが、現実世界のアホ毛は、そんな可愛らしいものではないですよね(笑)

そもそもアホ毛はなぜ生えるのでしょうか?アホ毛の原因は、大きくわけて3つあります。

アホ毛,対策,直し方

アホ毛の原因①成長途中の毛

人間の全てには毛周期があり、成長期、休止期を経て抜けると言われています。毛髪の毛も同様に抜け、その後新たに健康な髪の毛が生成されてきます。

一度髪の毛が抜けることで、周りの髪の毛の長さとは異なり、短い髪の毛が徐々に生えてきます。この状態になることで、本来の髪の毛の長さよりも短いものがアホ毛になるのです。

アホ毛の原因②痛んで切れた毛

過度なカラーリングやパーマ、またはシャンプーや濡れた状態で寝てしまうなど、髪の毛が痛んで切れてしまう原因は多く有り得ます。

髪の毛が途中で切れることで、自分の髪の毛の長さよりも短いものが増えます。痛んだ髪の毛は水分が不足しパサパサした状態になるので、ただでさえ切れやすくない悪循環になる場合も。

アホ毛の原因③頭皮の毛穴の詰まり

頭皮の毛穴が詰まると、健康な髪の毛を生成することが出来なくなり、「いきなりチリチリとした髪の毛が1本だけ生えてくる」「髪の毛の成長を妨げる」「髪の毛が真っ直ぐ成長出来ない」などの問題が起こります。

毛穴の詰りの原因としては「洗浄がしっかりと出来ていない」ことです。整髪料や皮脂や汚れ、シャンプーやリンスなどを落としきれていないことで、皮脂や汚れ、ホコリなどが頭皮の毛穴に詰まります。

アホ毛の原因④ホルモンバランスの乱れ

アホ毛の原因は外部要因だけではありません。女性ホルモンの1つである「エストロゲン」には「髪の毛の成長を促す」「髪の毛の成長期間を持続させる」作用があります。そのため、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが減少すると、髪の毛の健康が不安定になり、「成長するはずの髪の毛が抜ける」「髪の毛が満足の成長出来ずに細くて弱い髪の毛になる」などの現象が起こります。その結果、成長途中の髪の毛が多くなったり、切れ毛が増えてきます。

また、エストロゲンには肌を綺麗にする効果だけではなく髪の毛のツヤやハリにも大きく関係しているコラーゲンの合成を促す作用もあるので、ホルモンバランスが崩れるとアホ毛の増加につながっていきます。

Sponsored Link

アホ毛の綺麗な治し方、ポニーテールやエクステ、同じ髪型を毎日するとハゲる!?

アホ毛の一番簡単なおすすめ治し方は、専用のワックスをつける事。

おすすめのワックスはヘアケア製品で有名な、ウテナの「マトメ―ジュ」です。髪の毛を撫でるようにワックスをつけるだけで簡単にアホ毛が落ち着きますし、頭皮にワックスが付いて髪がベトベトすることも少ないのでおすすめです。ワックスだけでなくウォータータイプもありますので、固形整髪料が苦手な方はこちらもおすすめ。

ウテナ「マトメージュ」ウォータータイプ&ワックスはこちら
   

 ちなみにポニーテールや引っ詰め髪のように、髪を強く引っ張ってセットするような髪型を毎日している方は、引っ張られるストレスで髪の毛が抜けやすくなり牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)と言われる脱毛症になりやすくなります。

ポニーテールの様な髪型をする時は分け目結び目を変えてみたり、出来るだけ強く髪を引っ張ったりしない様にしましょう。

アホ毛,対策,直し方

また、同じ様な髪型をしている場合も分け目を変えてみたりする事で髪への負担が減ります。ヘアーエクステンションも同様に髪の毛に強くストレスを与えるので、お休みの期間を設けたり、ヘアケアを忘れない様にしましょう。

Sponsored Link

アホ毛を抑える対策・習慣

アホ毛を防ぐ対策ですが、要は髪の健康につながる事をやれば防げるという事がわかりました。ただ、意気込んで大きな事をやっても続かないので、出来れば毎日習慣として続けられる様な簡単なものがいいですよね。

アホ毛を防ぐ対策①シャンプーの前にしっかりブラッシングをする

洗髪前の髪には頭皮の汚れの他に、ホコリや外気の汚れなどが沢山付いています。シャンプー前の水洗いの前に、しっかりブラッシングをする事でしっかり洗髪出来ます。

静電気を起こさず頭皮を傷めずマッサージ出来るEffina ヘアケアブラシ

アホ毛を防ぐ対策②洗髪後はドライヤーで優しく乾かす

濡れた髪は非常に傷みやすい状態にあります。タオルでゴシゴシと乾かしたり、乾かさないで寝たりするのは絶対にやめましょう。出来れば洗い流さないトリートメントなどをつけてから、最低でも20cmは離した状態でドライヤーで乾かします。

天然素材で人体にも環境にも優しいBODY SHOP洗い流さないトリートメント

 アホ毛を防ぐ対策③髪をかきあげたり引っ張ったりする癖をやめる

特に女性に多いですが、髪を掻き上げたり髪を引っ張ったりと、無意識のうちに髪の毛を触る癖というのは多く見られます。無意識のうちにやっている癖を直すのは時間がかかりますが、「あ、今やっちゃったな」と気づく回数が増える程少なくなっていきますので、まずは意識化から始めましょう。

いかがでしたか?今回はアホ毛の原因と治し方についてでした!結局は髪の健康がおしゃれヘアにつながるという事ですね!乾燥と寒さに負けず、冬のヘアケアも頑張っていきましょう★

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 MAI KONNO

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

ページの先頭へ