敬語で話していた男性が急にタメ語になった、逆にタメ口だったのに急に敬語になった、なんて事ありますよね。

もしくは敬語とタメ語が混じったり。基本敬語なのにたまにタメ語とか、普段タメ口なのに、ふとした時に「〜っすよ」というような軽い敬語になったりなど、男性の敬語・タメ語が混じる&使い分ける恋愛における心理は何なのでしょうか?相手が恋愛対象だったり好きな相手だったら気になりますよね。早速検証してみましょう!

Sponsored Link

男性がタメ語から敬語になるのはあなたの存在を軽んじていない、という表れ?

男性が女性に対してタメ口だったのに敬語になる心理。それには「あなたの存在に重きを置いている」という表れのようです。

今までタメ口だったのに敬語になる場合、何かきっかけがあったりしないでしょうか?例えば口調や話の内容がかしこまっていたり、メールの文体が硬かったり。

もしくは相手との距離が少し縮まるようなことがある場合、親しい友人から恋愛対象として意識するようになった場合など、「相手を大事にしなければ」という心理が働いて、敬語を使ったりもするそうです。

タメ語,敬語,男性,心理,使い分け,混じる,理由ただし、ネガティブなケースの場合も同様です。相手が自分に対して距離を置きたい、と思っている時に敬語を使う事で親しみやすさを減らそうと図っているケースもあります。

敬語とタメ語が混じる理由、使い分けする心理

相手と年齢差仕事のキャリアなどの差があるにも関わらず、距離感が近い時は敬語とタメ語が混じることが多いですよね。これは常に敬語を使っている間なら距離を縮めたい、親しみを持っている、という意思の表れの場合が多く、逆に常にタメ口でたまに敬語の時は相手との距離感を保とう、敬意を払おうとしている場合があります。

恋愛においてはタメ語は距離感を縮めるきっかけにもなりますが、職場やオフィシャルな状況ではしっかり使い分けをすることで、分別のある大人という印象になりますね。

Sponsored Link

敬語とタメ語、使い分け方はその人との距離感や状況、性格によっても異なる

「好き避け」という言葉があるように、好きな人に対しては素直になれない、あえて冷たい態度を取ってしまう、という天邪鬼な性格の男性は女性と同様多いもの。

特に男性はプライドを大事にしたい気持ちを強く持っている場合が多いので、性格によっては敬語とタメ語の使い分けがその人固有の概念に基づいて使い分けている可能性も大いにあります。

タメ語,敬語,男性,心理,使い分け,混じる,理由「タメ語だから軽んじられてるのかな、、」「敬語だから距離を置かれているのかな、、」とネガティブになることなく、言葉をうまく使ってコミュニケーション上手になりたいものですね!

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 TREND BLOG