2017年もあっという間に7月に入ろうとしています!梅雨入りしたとは思えない、むしろもう梅雨明け?と思うような天気気温の高さの日もある今日この頃ですが、夏の暑さはどの程度暑くなるのでしょうか?

今回は2017年東京夏の暑さ天気特徴最高気温予想などを紹介していきます!

スポンサーリンク

2017年今年の東京の夏の暑さや天気の特徴、最高気温予想は?8月は熱中症症状に要注意!対策必須!9月の暑さは?

2017年東京暑さ。毎年30度超えが当たり前で暑い時は35度超えにもなる東京の夏の気温ですが、今年も引き続き暑いそうです・・・。毎日の様に高気圧が続き、8月からは連日30度超え予想が出ています。

現時点で今年の夏の予想最高気温は32℃になっていますが、予報では「去年の夏より暑い」という情報もありますので、35度超えの可能性も十分考えられそうですよね・・・。

8月に入ったら本格的な暑さ、猛暑日が続くと思われますので、熱中症対策にはくれぐれも注意しましょう。

簡単な熱中症対策としては、汗をこまめに拭いたり、首元や脇の下を冷やすのが効果的。常にハンカチを持ち歩き、時に冷やしてあげましょう。

水で濡らすことで冷やせる保冷剤などもあるのでこちらもオススメですよ★

ちなみに夏本番の8月が終わっても、9月初旬までは暑い日が続く日もあり、9月初旬の最高気温予想は30℃となっています。9月中旬頃になるとようやく30度以下となり、下旬には徐々に25℃前後にさがっていく見込みです。

2017年今年の東京の夏の暑さや天気の特徴、最高気温予想は?梅雨の時期7月の雨量、水不足の可能性は?

東京では既に梅雨入りしているものの、あまり雨の降っている印象のない2017年6月ですが、7月の雨量はどの程度なのでしょうか?

実は去年は雨量74%と水不足などで騒がれていましたが、今年に関しては雨量100%以上の見込みもあり、平年並み〜平年より多雨量と予測されています。

梅雨はどうやら7月からが本番。折りたたみ傘が手放せない日が続きそうです。

また、夏の暑さも7月から徐々に上がっていく見込みとなっていますので、まさに高温多湿、ジメジメとした日本の夏の始まりは7月からと言えそうですね・・・。しかしそんなジメジメも、梅雨明け見込みの7月21日頃までという予想です。

それまでは、予想しない雨や、洗濯物、髪のセットなど頑張りましょうね!

スポンサーリンク

2017年今年の東京の夏の暑さや天気の特徴、最高気温予想は?猛暑日ばかりだけど冷夏になる可能性は?

2017年の夏猛暑日が続くと言われている東京ですが、冷夏になる可能性はないのでしょうか?

今年の夏は、冷夏になりやすいエルニーニョ現象も、猛暑になりやすいラニーニャ現象も発生していない為、平年より猛暑になるということが予想されている様です。

ちなみに最後に日本全国が冷夏になった年は2003。なんと14年も前なんですね・・・!

東京都心に限っては2009年も冷夏でした。「えーっとそうだったっけ・・・?」という印象ですよね(笑)

それだけ東京の夏が暑くなっているという印象が強いですよね。

今年の夏も熱中症に気をつけつつ、楽しみながら乗り切っていきましょう!

2017梅雨入り、東京はいつからいつまで?気温は暑い?梅雨明けは?

2017梅雨入り、関西・大阪京都はいつからいつまで?気温や天気は?

今回は以上です✨

スポンサーリンク
 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG