人身事故線路立ち入りお客様の具合が悪い、、、などが原因でしょっちゅう遅延する事の多いJR地下鉄電車

特に中央線快速は「遅延することが当たり前」という程の遅延の多さですが、一体なぜ多いのか、今回はその理由について紹介していきます!

Sponsored Link

JR中央線に遅延が多いのはなぜ?理由は利用客の多さや、混雑具合、人身事故や快速の種類、タイトな時刻表が原因?

JR中央線に遅延が多い理由は一体何なのでしょうか。

特に通勤時間帯の早朝ラッシュの時、大幅にダイヤが乱れて1時間以上も遅刻、なんてことありますよね。中央線といえば人身事故、というイメージもありますが、なぜそこまでイメージが定着しているのでしょうか?

高尾駅より遠い山梨県近辺から日本一、二の乗降者数を誇るターミナル駅立川駅新宿駅を通り、終点東京駅まで走るJR中央線は、ラッシュの厳しさだけでなく、その利用客数の多さでも有名。

車両いっぱいの人の混雑に加え、早朝ラッシュ時は最短2分間隔運転と、かなりの短期間運転。乗り換えが多い立川駅や三鷹駅、中野駅や新宿駅を運転するのには限界ギリギリの運転感覚です。

ほかにも、人身事故の多さや、30分に1本走る特急や特別快速、通勤ライナーなど多種多様な列車種別があること、青梅線などの支線が多く運行形態が複雑で遅れの回復が困難などといった理由もあります。

Sponsored Link

JR中央線に遅延の理由・自殺や人身事故が多い原因は?線路立ち入りや具合の悪い人、車内点検は痴漢発生の隠語?

ラッシュ時では2分間隔運転というタイトな時刻表にも関わらず、車両いっぱいの利用客で常に混雑満員のJR中央線

遅延の原因の一つにある人身事故ですが、数あるJRや地下鉄電車の中で、そもそもなぜ中央線には人身事故が多いのでしょうか?

実は中央線がほかの路線と比較して、自殺や人身事故が多いという正確な統計は公開されていません。

なので、中央線が突出して人身事故が多い!というデータは現段階では存在していない訳なのですが、特に1997年から1998年にかけて、事故や気象によるトラブルが重なった上に人身事故による列車遅延が頻発したことによってテレビなどのマスコミに盛んに取り上げられるようになり、そのイメージが定着してしまった様です。

電車にはねられる線路飛び降り自殺が多いとされることの原因は、このイメージ定着により加速し、「自殺するなら中央線」という悪循環によって生まれた事も一つといえそうです。

また、遅延の原因となる具合の悪いお客様対応、踏切故障車内点検などといった車内アナウンスは「痴漢発生の隠語」という噂もありますが、こちらは隠語ではなくて本当にアナウンス通りの内容が発生されている様です。

線路内人立ち入りなども本当の様なので、くれぐれも遅延を長引かせる様な行動は注意しましょうね。

Sponsored Link

JR中央線に遅延が多い原因は?過去と比較して改善された?対策や電車の車両の色が変わった理由は?

人身事故自殺の名所という中央線の悪いイメージを改善させようと、JRでは一部の駅でホームの両端に柵を設ける、照明を増やす、死角となる壁や柱を作らない、ホームの表面を明るい色にするなどの対策を行いました。

また、荻窪駅や新宿駅などではホームに立つと自分の姿が見える様にや窓ガラスが設置されている箇所がありますが、これは自殺を思い留まらせる目的で設置されています。自分の姿を見る事で冷静になれる様に、という事でしょうね。

また、荻窪駅と西荻窪駅では自殺防止を目的として、ホームの端の蛍光灯を青色のものに変え、10月以降、東京駅 – 高尾駅間の24駅と、立川駅 – 八王子駅間の18の踏切に、青色LEDの照明を順次導入しています。
 
 
自殺防止灯などの色が全て「」にしているのは、青色は「人を冷静にさせる」「犯罪抑止」効果を持つ色だからと言われています。
 
眠れるための寝室のインテリアや、食欲を抑える方法として青色のものを見るといい、とされているのも同様ですね。
 
また、色に関していえば中央線の一番の大きな変化は、車両部分のオレンジ色の部分の大幅な縮小でしょう。

現在の車両の色が全体的にシルバーな車両の中にポイントとしてオレンジ色が使われているのに対し、以前の中央線は画像の様にオレンジ色で全て塗りつぶされています。

車両の色が変化したのには「興奮」させる赤に近いオレンジ色の部分を減らす事によって飛び込み自殺を抑制させるため、という噂もあります

ただ、快速の中央線に関して各駅停車の黄色い総武線も同様な車両の色の変化があるので、人身事故を減らす事を目的とした施策だったかどうかは不明です。

山手線の様に駅のホームに車両ドア様のホームドアを付ければ線路立ち入りなども減少するでしょうが、山の手線でも未だ全駅には設置されていない状況ですし、ただでさえ運転間隔が狭い中央線ではなかなか難しいのかもしれませんね。

以上、今回は中央線はなぜ遅延や人身事故が多いのか?についてでした!

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG