今や日常に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEアプリ。「既読スルー」「未読スルー」という言葉も生まれるなど、メールやショートメール・ツイッター・facebookよりも、SNSの中でLINEのトーク頻度が一番高い、とうい方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなLINEの裏技トーク既読を付けずに未読のまま内容を読む方法と、トークとは別にある「ノート」を未読のまま内容を読む方法、TLことタイムラインで内容を見たら既読はついてしまうのか?という点についても紹介していきます!

Sponsored Link

LINEトークを既読を付けずに内容を未読のまま読む方法は?

LINEトークを開くと相手側に「既読」マークが付いてしまい、返事をしないと「既読スルー」と思われてしまうので既読を付けたくない、でも内容だけは確認したい、という時に便利なのが「未読」状態を保ったまま内容を見る方法。

LINEの通知設定を固定ロック画面表示にする

スマホの設定画面で「通知」をONにし、画面ロックされた時に内容が表示される様に設定しましょう。このやり方であればLINEを開かなくても送られた相手と内容を確認することが出来ます。

機内モードにしてからLINEを開き、機内モード解除する前にLINEを終了する

LINEメッセージが大量にきてしまった時など、前述のやり方で全て内容が確認出来ない時に使えるのがこちらのやり方。

①一度全てのアプリを閉じる

②LINEを開き、内容を確認したいメッセージを受診する(内容はまだ開かず未読状態のまま)

③LINEを閉じる

④機内モードON設定にする(wifiもオフ)

⑤LINEを開き、内容を確認

⑥内容を読み終わったらLINEをアプリごと終了する※閉じるだけではなく、アプリを終了させる 

⑦機内モードOFF設定に戻す

この手順でやれば相手側に既読を付けずに未読のまま内容を確認出来ます。

ただし、iphoneではなくアンドロイドの場合はこの手順でも既読が付いてしまう様なので、別途アンドロイド用のアプリなどを試してみてください。

また、⑥の手順でLINEをアプリごと終了しないままネットワーク通信を再開させてしまうと、既読が付いてしまいますので、ご注意ください。

また、こちらに関しては他のアプリを起動していると既読がついてしまう、という実証もありますので、LINE以外のアプリは必ず全て終了させておきましょう。

LINEノートを既読を付けずに内容を未読のまま読む方法は?

LINEトーク既読を付けず、未読のまま読む方法は分かりましたが、LINEトークの場合はどうでしょうか?

LINEノートの場合はネットワーク接続状態じゃないと中身が確認出来ないし、固定画面では「ノートを作成しました」くらいしか分からず内容が確認出来ないですよね。

LINEトークの場合は「タイムライン」を活用します。

「タイムラインなんて使ったことないし、興味ない広告や宣伝ばかりで見てなかった・・・」という方は、タイムラインをスクロールしてみると広告や宣伝の中に、グループチャットのノート画面が出てきませんか?

そう、タイムラインではグループチャットのノートの一覧を見ることが出来るんです!

勿論、そのノートの中で「いいね!」やコメントなどはノートを開かないと分かりませんが、ノートの内容を取り急ぎみたい、という場合はわざわざノートを開かずとも、タイムライン上で確認する事ができます。

Sponsored Link

LINEノートをタイムラインで確認したら既読はつく?

では実際にタイムラインでグループチャットや個人のノートを見た場合、どの範囲で「未読」から「既読」につくのか、という所ですがタイムライン上でスクロールして内容を確認しただけでは、ノート作成者側に「既読」は付きません。

なので、ノート作成者に「見たよ」という合図を残すには、実際にノートを開き、コメントやいいね!を押す事でどの人が「既読」したのかが分かる、というシステムなんですね。

こちらもグループチャットが少人数で「既読したものの返事が遅いと具合が悪い・・・」なんていう場合は、タイムラインをうまく活用する事で未読状態のまま、ノート内容を確認する事ができます。

ただ、「既読スルー」に限らず「未読スルー」の場合も、相手の立場になったら場合によっては迷惑及び心配をかける行為になりかねません。あまり頻繁に行うと信用を失う可能性もありますので、時と場合によってうまく使い分けていきたいですね。

facebookで結婚しました報告がウザい?ウザがられない方法は

悪口・愚痴を言わない女性は嫌われる?ストレスない女友達付き合い方!

以上、今回はLINE裏技、ノートやトークを「既読」をつけず「未読」のまま内容を読む方法についてでした!

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG