なんとなくだるいやる気が起きない眠いっぽいしイライラして食欲不振orダラダラ食いをしても満足感が得られない・・・。

こんな症状、ありますよね。特に寒かった冬から暖かくなり、桜も散り終わった5月GW前後には20代のキラキラ新入社員でなくても五月病になりやすいもの。

今回はそんな五月病症状チェック原因ストレスに効果的な生活習慣の簡単な見直し、また五月病対策に効く食べ物についても紹介していきます!

Sponsored Link

五月病症状チェック!やる気が起きない、不安、鬱、イライラ、不眠や食欲不振、ダラダラ食い、友達や彼氏に会いたくない、などは?

なんとなくやる気がしない、すっきりしない、もしかしてこれって五月病?それともなのか?と不安になりますよね。

疲れた時,甘いもの,欲しくなる.理由

五月病症状には下記の様な症状が該当します。

  • なんとなく気分が落ち込む
  • 人と会うのがめんどくさい
  • 疲れやすい
  • 仕事や勉強、家事などに集中できない
  • 眠れない/寝すぎても眠い
  • メイクや髪の毛の手入れが気にならなくなる
  • 食欲不振/ダラダラ食いでも満足できない
  • 胃の痛み
  • めまい
  • 呼吸が浅い

月の周期を持つ女性は生理前後PMS症状にも似ている症状ですね。しかし、この状態が長期間続いている場合は五月病・軽鬱状態の危険があります。

Sponsored Link

五月病の原因&簡単に出来る五月病対策!食事や睡眠、生活習慣の見直しから!

会社員や主婦など規則的なライフスタイルを送っている場合、時間の経過とともに症状が改善することも多いのですが、不規則な生活をせざるを得ない方や、いち早く改善したい!という方のために、生活習慣の中で五月病を改善出来る対策を簡単なところから始めてみることをお勧めします!

五月病対策その1:誰かと会う、食事をする

五月病の場合、「誰かと会うのもめんどくさい・・」という場合も多いと思います。しかし、五月病の原因の多くは新社会人や一人暮らし、転居や異動など、新しい環境に適応する為のストレスとも言われています。

誰かと会って話したし、一緒にご飯を食べることで無意識に溜めていた精神的ストレスを緩和することが出来ます。

五月病対策その2:24時までに寝て質の高い睡眠を摂る 

朝,スッキリ起きる,方法

五月病の様な鬱症状が出ている時は、幸せホルモンと言われる「セロトニン」が不足している状態です。セロトニンは夜22時から翌朝2時までのゴールデンタイムに一番分泌されると言われているので、出来るだけこの時間帯に眠り、質の高い休息を得る様にしましょう。

五月病対策その3:電子機器は睡眠の2時間前に切る、出来るだけSNS離れをする

なんとなくチェックしてしまう携帯スマホのSNSインスタツイッターfacebookブログなど、特に目的もないのに惰性で数時間ぼーっと見てた、なんてことありませんか?

SNSは他人との交流を深めるのにいいツールではありますが、無意識に友人の幸せや充実ぶりと自分を比較してしまい、ともすれば「私なんか・・・」と卑屈的な感情に支配されてしまうこともあります。

前述の質の高い睡眠を得るためにも、脳内に強い刺激をもたらす電子機器の光は寝る3時間前までにする、携帯チェックする時間を決めておく、などメリハリをつけると良いですね。

五月病対策その4:散歩をする

股関節,可動域,ストレッチ

アクティブに体を動かしたり、ヨガジョギングをするのもいいですが、なかなか体を動かすのが億劫、、、という場合はまずは家の周辺数メートルでもいいので散歩をしましょう。

歩くことでアドレナリンを分泌させ元気になるだけでなく、視野が変わり日光を浴びることでリフレッシュも出来ます。それすらも億劫な場合は、ベランダに出て大きく伸びをする所からはじめてみましょう。

ただし、心身ともに異常とも思える様な症状がある場合は、自己解決しようとせず必ず病院に行き、診断を仰ぐ様にしてくださいね。

Sponsored Link

五月病に効く食べ物は?食べ方は?

食べるだけで五月病が治る食べ物があるなら試したいですよね。

イライラしている時はどうしてもチョコレートやクッキーなど甘いお菓子に手が伸びがちですが、白砂糖や精製小麦に含まれるグルテンを多く含んだ食品は一時的に幸せになってもその後インスリンが大量に分泌され、逆に余計イライラの元になってしまうケースもあります。

グルテンの危険性についてはこちら

前述の通り、五月病軽鬱状態はセロトニンが不足している可能性が多いことから、セロトニンを分泌させるトリプトファンビタミンB群良質な炭水化物を摂取することが効果的と言われています。

カーパラヴォーロ,野菜,バーニャカウダ

トリプトファンを多く含む食品には良質な肉や魚、大豆製品など、ビタミンB群にはバナナ、さつまいも、パプリカ、かぼちゃ、アボカド、ナッツなど、炭水化物には玄米やライ麦、全粒粉パンなどがお勧めです。

ただ、これさえ食べていれば大丈夫!という訳ではありません。食べる時は「早食い」にならない様よく噛み、出来れば誰かと食事をしたり、ながら食いをしない様にすること、夜遅い時間に食べ過ぎない様にする事など、「食べ方」に注意する事も大切です。

五月病をうまく切り抜けて、楽しいGW&初夏を過ごしていきましょう!

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG