風邪をひいたばかりの時は「お風呂に入らない方がいい」という意見をよく聞きますよね。果たしてこれは本当なんでしょうか?

実際に風邪をひいて熱を出した時に、お風呂シャワーを試した結果をレポしたいと思います!

Sponsored Link

風邪をひいて熱がある状態で温度40度のお風呂に入ってみた

今回MAI★の風邪の症状は

熱:37.5度(平熱36.5〜36.8度)
喉:痛い
鼻水:割と大量
他症状:頭がぼーっとする

こんな感じでした。風邪をひいてもいつも病院に行かないで「すぐ治るでしょ!」とおいしいご飯休養で乗り越えるMAI★ですが、今回はなかなかどうして風邪が長引き、3日間お風呂に入らない生活。さすがに熱いお風呂が恋しくなりました。

風邪,早く治る,風呂,入り方,シャワー,熱い風呂,温度,普段は温度41〜42度のお風呂半身浴を1時間くらい、びっしりとをかいています。

対して、今回は40度程度を肩が浸かる程度に30分程度、寝る前。

お風呂から上がった後は、軽くストレッチをした後、10分後くらいに暖かいお布団に入りました。 

風邪をひいて熱がある状態でシャワーを10分ほど浴びてみた

シャワーを試したのはお風呂に入った翌日。この日は朝から体がすっきりして「治ってきたかな?」くらい快調でした。

シャワーの浴びる時間は10分以内。温度は42度くらいの熱め。体を洗っている間も体を冷やさないようにできるだけシャワーを浴びています。

上がった後はやはり体が冷えないように軽くストレッチした後、すぐに暖かいお布団に入りました。

Sponsored Link

風邪をひいた時のお風呂の効果的な入り方・まとめ

風邪をひいて微熱がある状態でお風呂/シャワーを浴びた結果。

風邪の症状や自分の状態によっては「お風呂に入った方がいい

ということがMAI★個人としての結論です。

風邪,早く治る,風呂,入り方,シャワー,熱い風呂,温度,ここでポイントなのは、「風邪の症状・自分の状態」というところです。今回はMAI★は平熱+1度程度の微熱、ひどい咳や喉の痛みなどはない風邪としては軽い症状で、食欲もしっかりありました。

シャワーよりもお風呂、というのはやはりシャワーだと体が温まりにくいからですね。熱い温度のシャワーを浴びるのもいいと思いますが、あくまで短時間でスッキリさせたい時の方がオススメです。

お風呂に入る時も肩を冷やさないようにできるだけ湯船に全身を浸かるようにして入り、のぼせないように長くても30分程度で上がりましょう。

MAI★はいつも1時間以上お風呂に入るくらいのお風呂好きでしたので、いつもの半分程度の時間くらいがちょうどいいかもしれません。

お風呂またはシャワーから上がった後は、すぐにお布団に入りたい時は気をつけましょう。というのは体が熱を持った状態でお布団に入ると熱が閉じこもり、発汗して逆に体を冷やしてしまう可能性もあるからです。

人が眠くなる状態というのは、体が温まってから徐々に冷えていく状態の時らしいので、体を過度に冷やさない程度に数分ほど体を落ち着かせてからお休みになった方がいいかもしれません。軽くストレッチをしたりすると風邪で固まった筋肉をほぐす効果もあるので(そのくらいの元気がある方が)オススメです。

今回はかなり個人的なレポになりましたが、参考になりましたでしょうか?あくまでも風邪の症状が軽いとき、としてご参考頂ければ嬉しいです✨

今回は以上です!

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 MAI KONNO