一人暮らしや新しい環境への引っ越しに必要なものの一つに、家具家電選びがありましよね。

新居に今までのものを持っていける場合はいいとして、場所やサイズ、また古くなった&壊れたなどの理由で買い換えなければいけない時、大きなものや消耗品の家電選びは基準価格などでいろいろと面倒ですよね。

今回はそんな家電の代表、洗濯機についてアパートやマンションなど単身賃貸物件での一人暮らしで洗濯機を買うのと、コインランドリーを使うのではどちらがお得値段が安く済むのかを検証していきます!

Sponsored Link

一人暮らしの洗濯、洗濯機とコインランドリーはどっちがお得?料金比較!

一人暮らしの洗濯では洗濯機を新たに買って使用していくという、初期費用が高い&ランニングコストが安いパターンと、毎回コインランドリーで洗濯する初期費用0でランニングコストは高いパターンの2種類に分かれると思います。

多くの方が前者の「洗濯機使用」と思いますが、中には「洗濯はまとめて週1か2週に1回なのでコインランドリーで十分」という方もいますよね。

さて、気になるのが実際にかかる料金比較。ここでは週2回、洗濯量は普通の一人暮らし、2年間のスパンという設定にします。結論から言うと、洗濯機の方が若干安く済みます。

まずは洗濯機の実際にかかる値段から見ていきましょう。

まずは初期費用ですが、中古で買ったり知人から譲り受けたりする方も近年では多いですが、やはり主流は新品を買う方でしょう。洗濯機の相場は2万円〜10万円ほどですが、単身者の場合は探せば3万円以下の値段で購入可能です。

そして1回の洗濯にかかる水道代&電気代は30円前後と言われています。週2回の洗濯を2年間する場合、トータルで2×8×24=192回洗濯をする計算になります。これに初期費用を含めて1回あたりの洗濯のトータルコストを計算すると、

{30,000円(初期費用)÷192回(2年間の洗濯回数)++30円(1回あたりの電気代&水道代)}

で、1回あたり約186円という計算になります。

一方、コインランドリーは1回あたりの料金が200円のところが多いですから、洗濯頻度が高ければ高いほど、スパンが長ければ長いほど、洗濯機の方が安く済む計算になりますね。逆に短い期間で滅多に洗濯をしないという場合はコインランドリーの方が安く済むことになります。

Sponsored Link

一人暮らしの洗濯、洗濯機のメリット&デメリットは?

一回あたりの料金では洗濯機の方が安く済むケースが多い、ということは分かりましたが、当然ながら料金以外のメリット・デメリットがありますよね。まずは洗濯機のメリットから見ていきましょう。

洗濯機を使うメリットその1:時間や手間のロスが少なく、自分のペースで洗濯ができる

自宅に洗濯機がある場合は自分の好きなタイミングで洗濯が出来ることは大きな強みです。24時間営業だったり同じ敷地内にコインランドリーがある場合もありますが、一度洗濯物をまとめて移動しなければならない手間や、ランドリーが終われば取りに行かなくてはいけない時間配分を考えると面倒、という場合が多いですよね。

洗濯機を使うメリットその2:共有じゃないので人の目や衛生面が気にならない

コインランドリーだと誰が使ったか分からないし下着を洗ってるのが外から見えるかもしれない・・なんていう心配も、自宅の洗濯機なら不要です。

洗濯機を使うメリットその3:お風呂の残り湯を有効活用出来る

湯船に張ったお湯をそのまま捨てるのは勿体ないから、専用ホースで洗濯に有効活用している主婦の方は多いですよね!もちろん水道代節約にも大きく貢献しますが冷たい水よりもお湯の方が汚れが落ちやすいというメリットもあります。

一方でデメリットには、初期費用がかかること、選ぶのが面倒臭い、定期的にカビ対策や掃除などメンテナンスが必要、場所を取る、音がうるさい場合がある、退去時に手間がかかる、、、などという点があげられます。

Sponsored Link

一人暮らしの洗濯、コインランドリーのメリット&デメリットは?

それではコインランドリーのメリットはどうでしょうか?

コインランドリーを使うメリットその1:スペースが広くなる

洗濯機は意外にも場所をとります。洗濯機を置くスペースがまるまる使えるとなると、狭いアパートやマンション暮らしでもかなり有効活用できますね。

コインランドリーを使うメリットその2:メンテナンスや衛生面の手間がかからない

洗濯機も消耗品なので故障は逃れられません。大型家電の修理には何かと手間やコストがかかるもの。そういった手間が煩わしいという場合もコインランドリーでは無縁。また部屋の水周りの手間も少なく済みます。

コインランドリーを使うメリットその3:大きなものやまとめ洗いができる

小さな洗濯機では洗えない布団などの大きなものも、コインランドリーでは楽勝で洗えます。また数日分溜めに溜めた洗濯物を一気に洗いたい!という場合のまとめ洗いも大型ランドリーなら1回の洗濯で済むので自宅の洗濯機よりも時短になる、というケースも。

コインランドリーを使うメリットその4:深夜でも騒音を気にせず洗濯が出来る

こちらは深夜にしか洗濯出来ない人のみ当てはまりますが、壁の薄い部屋だと洗濯機の音も騒音になります。その場合、コインランドリーは気楽。

一方でデメリットはやはりいちいち持ち運び・持ち帰りなどの手間や時間の有効活用が難しい点、また洗い方仕上がり方を希望通りに選べない部分などが挙げられます。

いかがでしたか?最近ではものを所有しない「ミニマリスト」という生き方も増えてきており、「下着や肌着は自分で洗濯してあとはクリーニング」という方も増えてきている様です。

またコインランドリーも既存の雰囲気だけでなく、おしゃれなカフェスペースドラッグストアが併設されてた施設が話題になったりと、多様な「洗濯サービス」が増えてきている現状。それぞれのライフスタイルに合わせた洗濯スタイルを取り入れていきたいですね!

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG