2020年の東京オリンピックに向けてか、日本でも東京や大阪などの大都市を中心にベジタリアンビーガン専門店のレストランやカフェが増えてきましたよね。

今回は「マツコの知らない世界」などで紹介され話題となった元東大職員の中野瑞樹さんの存在でも注目を浴びている、果物しか食べないフルータリアン」について、果物のみの食生活でお腹は減らないのか、栄養バランスは大丈夫なのか、逆に太ることはないのか、ダイエット効果はどのくらいなのか、など、実際に管理人の実体験談や感想も合わせて紹介していきます!

Sponsored Link

果物のみの食生活!フルータリアンとは?ベジタリアンやビーガンとの違いや有名人は?スティーブジョブズも?中野瑞樹さんてどんな人?ヨガにも共通点?

果実食主義、別名フルータリアンとは、果実、種のみの食生活を送る主義のことを言います。厳密には果物の中でも、りんごや桃のように地面に落ちた果実のことを示しますが、ここまで理想化するとかなり制限されてしまうので一般的には果物全般、ナッツ類、アボカドやトマトなども含みます。

ちなみに最近日本でも「大豆ミート」「ソイパテ」など、徐々に存在感を増している菜食主義・ベジタリアン・ビーガン食。

ベジタリアン菜食主義とは、肉、魚、乳製品、卵などを一切摂取しない食生活の人々を示します。食事だけでなく、革製品毛皮を使った衣服など、動物を殺す行為に基づくことは一切しない、という主義です。

ベジタリアンやマクロビオティックの食事は「食べるヨガ」と称されることはありますが、これはヨガの八支則の一つ、「殺さない」という原理に基づいていることもありますが、水分や食物繊維を多く含むベジタリアンやマクロビ食には胃を休め、デトックス効果も多くあることも関係しています。

また、ベジタリアンには卵や乳製品は摂取するラクト・オボ・ベジタリアンや、魚介類は摂取するペスコ・ベジタリアンなど、ただ肉を食べないだけでもかなり種類があるのに対し、肉、魚介類、乳製品、卵を一切取らないのがビーガン。さらにそこから木の実だけを食べるのがフルータリアン、という区分けになっています。

有名人でフルータリアニズムを取り入れているのは亡きスティーブ・ジョブズや日本のバラエティ番組出演で「6年間フルーツしか食べていない」と出演で注目を集めている元東大教授・中野瑞樹さん。

ベジタリアンには芸能人やアーティストなど、世界でも多くの有名人がいますが、中でもフルータリアンな人はかなり少ないでしょう。ただ、定期的に絶食断食を取り入れているヨギーニや、美容に気をつけている女優やモデルの方には実は多くいそうですね。

Sponsored Link

食事は果物・ナッツ・アボカドなど!フルータリアンはお腹空かないの?空腹感やたんぱく質不足の栄養バランスは?

しかし果物ばかり食べたところですぐお腹空くのではないか、肉や魚などのたんぱく質不足栄養バランスの偏りは大丈夫か?スタミナがすぐ切れたり頭がぼーっとしたりするのでは・・と不安になりますよね。

これはフルータリアンだけでなくベジタリアン食についても共通していますが、栄養学や食事のバランスについては様々な説があります。特に言われるのがたんぱく質不足とビタミンB12不足。

しかし栄養学というのは日に日に進歩しており、小学校の給食でもアレルギーや牛乳に適していないアジア人の腸を考慮してお弁当制度なども取り入れている所もあります。

じゃあ何を信じればいいのか?ということですが、管理人個人として必要なことは、テレビや雑誌の情報に振り回れるのではなく、目の前のお皿の上に乗っているものがどこからどういう経緯を経て食卓に運ばれているのか、ということを理解する必要がある、ということではないでしょうか。

りんご,甘いもの,糖分

例えば食肉は成長ホルモンを打たれて屠殺場で殺されているものもある、という事実があります。異常に安い卵や乳製品は鶏や牛の管理にそれだけ経費をかけていない、という可能性も考えられます。

経費をかけない、ということはそれだけ成長ホルモンや添加物など人体に悪影響を及ぼすものが含まれている可能性もあります。

逆に果物や野菜でも安価なものはどういう経緯を経ているのか、逆に「オーガニック」「有機栽培」と書かれているものは無条件にいいのか?と、常に自分自身の頭と体で調べ、考えることが必要なのではないでしょうか。

Sponsored Link

実際に果物のみの食生活を試した感想や効果!ダイエットや減量効果、お肌や便秘解消、膵臓は?イライラしない?継続方法やコツは?

ダイエットや大幅な減量断食で得られる肌美容便秘解消などのデトックス効果が目的でフルータリアニズムを取り入れる方も女性を中心に多くいますよね。しかし「お腹すいた!」「空腹でイライラする!」となかなか続かない、続けるのがストレス・・という声も。

ファスティングと言われる断食も、昨日まではカツ丼定食とか普通に食べてたのに、いきなり食べない!となったら栄養不足でぶっ倒れるのは当然な様に、いきなりベジタリアン食やフルータリアン食を取り入れても、急激な変化に体はついていけずにストレスになってしまいます。

大事なのは徐々に体を慣らしていくこと。例えば最初は3食のうち1食を肉抜きにし野菜を多くしてみる、そこから野菜の分量を多くしていく、最終的にベジタリアン食が当たり前になってきた所から果物だけの食生活に向けて食事の内容と分量を調整していきましょう。

また膵臓癌で亡くなったスティーブ・ジョブズはヨガにも通じており、果実主義者だったことから、「果物ばかり食べたら膵臓癌になるのでは?」という恐怖心を持たれる方もいる様ですが、これもまた分かりませんよね。

コーヒーは体にいい、という人も入ればコーヒーは癌になる、という意見もありますからね〜。何かいろいろ考えると面倒担って好きなもの食べればいいんじゃない?てなりますよね。

お腹が鳴る,なぜ

ちなみに管理人は現在ほぼフルータリアニズムの食生活をしています。管理人は「絶対にベジ食じゃないと無理!」という訳ではありませんが、ゆるいベジタリアン食は10年ほど続け、今年から果実主義にシフトしています。

驚いたのはその効果。管理人は完全に果物だけの食事を取り入れたところ、2週間で5kgの減量に成功しました。そして肌の調子はよくなり、もともと便秘とは無縁でしたがさらにお通じはよくなりました。

お腹が鳴る,なぜ

しかし、やはり「あったかいコーヒー飲みたい!」となり(笑)、現在は果物中心、他は野菜や豆乳などを摂取しています。付き合いの時は卵や乳製品、魚や肉なども相手によっては調整しています。

ちなみに管理人が果物主義を始めた理由は単に「洗い物が少なくて済む」「ガス代や水道代の節約になる」というズボラな理由も多く関係しています(笑)

目の前の食事に無頓着になるのは良くないとは思いますが、ストイックになりすぎず、自分が心地よいと思える食生活を楽しむことが一番大事なのかな、と思います。フルータリアンに興味がある方は、ゆるーく楽しんでいきましょう!

今回は以上です✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG