「みんなまーるくタケモトピアノー」の歌詞でおなじみの、タケモトピアノCM

「電話してちょーだい」から始まる歌詞が、イラっとする、意味不明、何でダンサー達があんな衣装で踊ってるのか腹が立つ、そもそもこんな古い昭和な演出のCM、よく見るし随分長いけど一体いつからなぜ何年も流れてるの?あの男性はタケモトピアノの社長?などと、様々な意味でもお茶の間に精通している「タケモトピアノ」のCM。

今回はそんな「タケモトピアノ」CMいつからなぜ何年も流れているのか、あの中央の歌っている男性、財津一郎社長なのか?経歴現在画像、またダンサーなのか、などについても紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

タケモトピアノCMはいつから?なぜ何年も流れているの?理由は?赤ちゃんが泣き止む?いつまで流すつもり?

イントロの音楽から「あーまた始まったよ」と思う視聴率も多いのではないかと思うほど放送回数の多いタケモトピアノCM

「もーっともーっとタケモット〜」「そのとーり!」などおなじみの歌詞を歌う男性・財津一郎さんと4人のもじもじくんの様なぴったりの衣装で踊るダンサーの女性たち。

何年も何回もバージョンを変えずに流している「古い」「長い」という印象の強いタケモトピアノのCMですが、そもそも最初放送いつからだったのでしょうか?

タケモトピアノのCM放送初回は、1997年の1月。なんと20年以上も前から放送されているんですね・・・!

俳優・コメディアンの財津一郎さんが出演されるきっかけとなったのは、タケモトピアノ創業者である竹本功一会長が財津一郎さんの大ファンであり、財津さんの持ちネタである「〜ちょーだい」という言葉が同社の企業特性にマッチしていた事から採用されたそうですよ!

また、かつて朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』では「赤ちゃんが泣き止むCM」として紹介されたことがある様です。その時に話題沸騰となった事から、印象が定着した同じバージョンで何年も流しているのかもしれませんね〜。

また、会長が好きだという財津一郎さんを起用したCM内容を変えたくない、という理念があるのかもしれません。

ちなみにCDDVDでも『タケモトピアノの歌』/財津一郎&タケモット というシングルが発売されているそうです。

CMの15秒よりも長いんですかね〜すっかり聞き慣れたあのCMソングを何分も効くとなるとうーむ、となりそうですが(汗)

Sponsored Link

タケモトピアノCM、男性はタケモトピアノの社長?どんな会社?社長の経歴は?財津一郎の現在画像!

タケモトピアノCMに出演されている財津一郎さんはタケモトピアノの社長ではなく、現在の代表取締役社長は竹本圭一さん。

竹本ピアノは1979年に「竹本楽器」として創業されているので、現社長の竹本圭一さんは創業者の竹本功一さんの息子さんで、社員として働いていた方かもしれませんね。

タケモトピアノは大阪府堺市に本社を置く中古ピアノの買取・販売を行う企業で、日本各地で幅広くピアノの買い取り業務を行うほか、欧米諸国や東南アジア・オセアニアなど世界約50ヶ国に輸出を行っているそうです!

非上場とはいえ、売上実績もかなり高く、実はかなりグローバル企業だったんですね〜。

ちなみにタケモトピアノの社長と間違えられやすい財津一郎さん、CM当時は63歳でしたが、現在は83歳です。

現在の財津一郎・画像

 さすがコメディアン俳優、といった感じですね!80代には見えないハツラツとした元気があります。

Sponsored Link

タケモトピアノCMでもじもじくんの様な衣装で踊ってる女性ダンサーは誰?

 もじもじくんの様なシルバーのぴったりした衣装で、「タケモトピアノ」CMで摩訶不思議なダンスを踊る4人の女性ダンサー。この女性達は一体誰なのでしょうか?

この4人のダンサーもCM放送初回当時は20〜30代と見えますが、現在は40代〜50代にはなっていそうですよね。

ちなみにこのダンス振り付けは、振付師の香瑠鼓(かおるこ)さん。

SMAP香取慎吾さんの「慎吾ママのおはロック」長野パラリンピック開会式など多くの振り付けを行い、近年では障害のあるメンバーと共に舞踊公演を行うなど、芸能ジャンルの振り付け以外にも目覚ましい活躍をされている振付師の様です。

香瑠鼓さんは現在59歳なので、この振り付けをしたのは39歳の時。当時のダンサーももしかしたらそのままダンスの仕事をされていたり、または現在は引退して家庭に入っている方もいるかもしれませんね〜。

以上、今回はタケモトピアノCMについてでした✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG