NHK金曜ドラマ「オカムス」事「お母さん、娘をやめていいですか」第7話「出口なし」、怖かったですねー!波留さん演じる美月の母、顕子を演じる斉藤由貴さんの演技がとにかくリアルで予測つかない言動にハラハラした視聴者も多かったのではないでしょうか?

今回はNHK金曜ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」7話「出口なし」あらすじネタバレ感想について紹介していきます!

Sponsored Link

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」第7話「出口なし」あらすじネタバレ感想!美月・波留の自立!

NHK金曜ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」第6話では学校で石井杏奈さん演じる後藤礼美親子とのトラブルにまさかの美月ママ・顕子が参入し、「おいおいおい、、、」という展開で終わりましたね。

7話では礼美が自分の母親に対し酷い言葉をかけ、二人は縺れ合いの末に母親が階段から転落、警察沙汰へ発展します。

元々は美月の母親が参入してきた事が原因では、という事でPTAでも問題になり、美月は休職へ。

学校を背にする美月が帰路に向かう途中、顕子が「校長先生に話しにきた」と美月の前に現れます。

もうここで視聴者のイライラは序盤にも関わらずMAXでしたよね(笑)

美月は無神経すぎるKY母親に「おかしいのはママ」と言い捨てます。それでも学校に行こうとする顕子に寺脇康文さん演じる美月の父親・浩司「お前が学校に行かなければこんなことにはならなかった」と言います。

いやー、もうよくぞ言ってくれました!という感じでしたね〜!!(笑)

さらに美月は居候させてもらっていた柳楽優弥さん演じる松島の元を出て、本格的に家探しを始めます。そして、松島に対し美月は「家を出るために利用してた」と告げます。

いやー、この潔さ、美月、見直したよ(涙)

第7話では仕事でも、男性関係でも、ようやく母離れし自立心が芽生えてきた美月にホッとしましたね 。

Sponsored Link

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」第7話「出口なし」あらすじネタバレ感想!パパ寺脇康文が優しすぎて泣ける!

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」第7話では美月だけでなく父親・浩司もかなり進展がありましたね〜!

社長に直談判してまで立ち上げた企画も鼻であしらわれるという人材を大事にしない会社に対して、浩司は自ら退職届けを出し、妻に花束を渡して「これからは二人でやり直していこう」と告げます。

しかしパパ、退職金であんなどでかい新居のローンをまかなえるってどんな企業やねーん!相当いい会社に勤めてた様ですね。

しかもアルバイトしてもいい、と言ってくれる旦那なんていないですよ、、、泣けてきます。本当にバチ当たりますよ、こんないい旦那に「あなたはいつもそう」と脹れてますけど、ママさんよ。

ドラマ後半では海外で事業を頑張っている元同僚と会話し、浩司は海外で自分の実力を試してみないかと誘われます。浩司は興味を惹かれますが、「家族が・・」といい、払拭する様に断ります。

いやいやもーそれは海外行きなさいよ!挑戦しなさいよ!!!娘ももう25歳だし!

しかし、浩司はそうはしないんですよね〜。美月のDNAは絶対に父親から譲り受けてますね〜。本当幸せ者ですよママさんよ。

Sponsored Link

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」第7話「出口なし」あらすじネタバレ感想!サイコパス毒母親のママ・斉藤由貴が監禁寸前でホラー!

美月も自分の意思で公私を貫く様になり、父の浩司も自ら一歩踏み出した「お母さん、娘をやめていいですか」第7話。このまま何事もなく娘離れをしてくれるのかと思いきや、、、。

壇蜜の予想的中ー!そうは問屋が卸しません。

「もう自由にしていいから新居の受け渡しの日だけは来なさい」というママの申し出に対し、美月はそれならと母親の言葉を信用して新居に行きます。

新居の空間で二人っきりになった顕子は、美月の子供時代を回想し始めます。自分が子供役で、子供の筈の美月が母親役立ったとか・・・。

ママ「ホットケーキ焼いて〜」

美月「ポンポン壊すわよー」

いやいやいやイヤーーーー!!(涙目)

このやり取り、めちゃくちゃ怖かったですね〜。この後一体どうなるのか、もう嫌な予感しかしませんでしたね(涙)

後ろから波留さんに抱きつく斉藤由貴さん、ホラー過ぎましたね・・・!!誰が一緒に住むか!病気になるわぁあああああ!って感じでしたね(涙)

そんでもってハッキリと自己主張しない波留さん演じる美月さんにイラっとしましたね〜。娘に嫉妬する母親の狂いっぷりが恐怖すぎましたね・・・。

しかし、自分は嘘をつかれて呼び出され、「ママのいいなりになってきた」という美月に対し、顕子は逆上し、「元のみっちゃんに戻らない限りここから出さない」と監禁します。

まさに、出口なし・・・!!(震)

しかし、美月は負けません。顕子に対し、「今までママの顔色ばかり伺ってきた」「重い」と告げ、ついに

「お母さん、娘をやめていいですか」発言きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

ついに真の自立を決意した美月、よくやった!という感じでしたね〜。

いやーー、、、、

長かった・・・(涙)

第8話では「死ぬ」発言も出た母親顕子、もう最後までどうしようもなさそうな展開が読めるのですが、果たして美月は自らの手で幸せを掴むことが出来るのでしょうか。そして父・浩司や松島との関係は?母顕子は子離れする事ができるのか・・?

最後まで見逃せませんね!

お母さん娘をやめていいですかネタバレ感想!斉藤由貴の演技が怖い!

「お母さん娘をやめていいですか」人形が怖い!意味や教室ロケ地は?

お母さん娘をやめていいですか生徒・後藤礼美役石井杏奈が可愛い!E-girlsダンス動画も

以上、今回はドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」第7話あらすじ内容ネタバレ・感想についてでした✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG