NHKドラマ「オカムス」こと「お母さん、娘をやめていいですか」のドラマが怖すぎる!と話題です。

子離れ出来ない毒母が娘を愛しすぎるあまり暴走する、過激なだけではなく家族問題を扱ったあらすじ内容と深いテーマとなっていますが、斉藤由貴さんの恐ろしいほどの演技力が「ホラーで一人じゃ見れない」とその怪演ぶりが話題となっています!

今回はドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」ネタバレ感想について紹介していきます!

Sponsored Link

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」あらすじ内容ネタバレ!キャストや原作は?

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」井上由美子さん脚本原作はないオリジナルドラマ。あらすじ内容は、一言で言うと毒母親問題がテーマと言ってよいでしょう。

主人公の波留さん演じる、25歳の高校教師、早瀬美月は、斉藤由貴さん演じる母親顕子の過剰すぎる愛情の元、育ちます。

顕子は何かというと「みっちゃん、みっちゃん」と言って美月の机の中の日記や娘の彼氏のチェック、デート現場のストーキングなど過剰すぎる愛情を注ぎます。

そんな母親とは、何かあれば全て携帯などで報告し合う仲だった美月ですが、家の新築を担当する住宅メーカー主任、柳楽優弥さん演じる松島太一とのデート中に、自分が母親からつけられている事に気付き、徐々に母親の事を警戒する様になります。

美月が自分と距離を置くほどに、奇行に走り出す顕子。

そんなダメな母親の振り回される美月や美月の父親、寺脇康文さん演じる浩司ですが、顕子の言動は家庭内だけでなく、美月と松島の交際にも大きく影響し、それぞれの人生は大きく狂い始めていきます。

「母と子供」についての描写は主人公の美月と顕子の関係だけではなく、母親のDV被害に苦しむ石井杏奈さん演じる高校の生徒・後藤礼美や、母親に「間違って育てた」と言われ言葉の暴力に苦しんだ過去を持つ美月の母親顕子幼い頃に母親と生き別れた松島など、各キャストがそれぞれに持つ「母と子供」の関係について考えさせられざるを得ない、重い内容となっています。

Sponsored Link

NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」感想!人形演出と斉藤由貴の演技が怖い!

とりあえず一人で見るには怖すぎる・・・という斉藤由貴さんの存在感が圧巻です。「ママを一人にしないで」「松島さんとママとどっちが大事なの?」という驚愕台詞で娘を徹底的に束縛する完全に毒親を見事に演じています。

斉藤由貴さんは娘の為なら女をも武器にする母親という今回の役柄に対し、絶食を試みるなどして体型を戻したそうです。見事な女優魂ですね!

斉藤由貴さんはとってもスレンダーで髪型や衣装も若々しいですが、とっても似合ってて可愛いですよねー!こんな可愛い母親からだったら波留さんの様な美女が生まれるだろうなーという感じです!

序盤では完全にそんな毒母親のいいなりになっていた美月でしたが、母親と距離を置くことによって徐々に自我が芽生えていきましたね。

最初は母親の指図の通りにしか動けない、完全に頼りない教師で「こんな先生だったら絶対嫌だわー」と思ってしまう様な情けない先生でしたが、松島との交際や、後藤礼美の不登校や保健室問題と向き合ううちにどんどんしっかりしてきましたよねー!

こんな母親絶対嫌だ・・・と思う反面、あまりに斉藤由貴さんの演技力が高いから「本当にこんな母親いるんだろうな・・・」とリアリティを持たずに入られません。もう斉藤由貴さんが目力全開で美月を見つめる表情が、怖すぎて怖すぎて震えます。

そして主演の波留さんや彼氏役の柳楽優弥さん、父親役の寺脇康文さん、訳あり生徒役の石井杏奈さんと実力派俳優がキャストとしてドラマを支えており、ドラマの重みを際立たせています。

Sponsored Link

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」見所!柳楽優弥やパパ寺脇康文がイケメンすぎる!

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」見所は、毒母役・斉藤由貴さんの圧倒的な演技力と人形を使った怖い演出、キャストの層の厚みだけではなく、ほっこり部分とのギャップもあります。

彼氏役の柳楽優弥さんがとにかくイケメンで美月だけでなく恐怖で怯える視聴者にとって心強い存在になってますよね(笑)

美月を家に呼んでチャーハンを振る舞う姿なんかイケメン過ぎてもう後光が差してましたよね・・。

ほっこり見所は松島さんだけではなく、リストラ寸前のパパ・寺脇康文さんからも。リストラ寸前部署のおじさん達が談笑する場面は、このドラマで一番安心できる場面ですよね(笑)リストラ部署だから穏やかじゃない事には間違いないはずなんですけどね・・・・。

堅実に働いていつまでも過去の男や娘にしがみつく妻と、娘の為に新築の家を建てるなんてめっちゃいいお父さんですよね。おまけにイケメンです。

しかし娘の彼氏に対して「もっと戦え」というあの台詞は正直、どうなんですかね・・・。正直「もっと戦え」って戦う相手はお前の妻だろうが!と言いたくなりましたが、松島さんは寸分もそんな事は思わずに美月を守るというデキた男でしたね〜。

状況が重すぎて消費エネルギーが半端ないドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」。

最終回は一体どんな結末を迎えるのか全く予測が立ちませんが、どうかハッピーな結末を迎えて欲しいですね・・・!

ちなみに劇中に何度も出てくる人形についてはこちら。

「お母さん娘をやめていいですか」人形が怖い!意味や教室ロケ地は?

お母さん娘をやめていいですか7話ネタバレ感想!斉藤由貴ママがホラーで怖い!

ドラマ「オカムス」の後の時間帯に放送されているテレ朝ドラマ「奪い愛、冬」はもっと肩の力を抜いて楽しめるホラードラマとなっていますので、こちらもオススメですよ!

ドラマ「奪い愛、冬」についてはこちら

奪い愛、冬4話あらすじ内容ネタバレ感想!蘭&康太が恐怖!動画も!

以上、今回はドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」あらすじネタバレ感想でした!

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG