「おヒョイさん」の相性と軽妙で独特芸風、そして唯一無二な存在で親しまれた名俳優、藤村俊二さんが年齢82歳にして亡くなられました。

Sponsored Link

「おヒョイさん」藤村俊二、死去!原因は心不全!過去に三度の手術も!芸名の由来は?

おヒョイさんの相性で親しまれた藤村俊二さん。もともとは俳優ではなく舞踊の道を志しており、振り付け家として活躍されていました。

「おひょいさん」のあだ名で親しまれた藤村俊二さんですが、あだ名の由来番組中にエキストラ出演を頼まれることも多く、画面に映るのが嫌でその場から「ひょい」と逃げていたところ、「おヒョイ」のあだ名がついたそうです。そんな「おヒョイ」藤村俊二さんですが、年齢82歳でこの世を去られました。死因は心不全。2015年12月になって藤村俊二さんの奥さんである藤村みか代さんが週刊誌・女性自身のインタビューにて

「体調を考慮して「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを2015年10月を以て正式降板し、それと共に芸能界から引退した」

と公表しています。

当時から血管の状態が思わしくないため、千葉県の病院に通院していていた一方、有限会社O’hyoi & Sons(オヒョイアンドサンズ)代表取締役で長男藤村亜実さんは「単に『ぶらり―』を降板しただけ」と引退発言報道を公式に否定もしています。

藤村俊二さんは過去に肺気胸や胃がん、大動脈瘤の手術も行っており、体調に気を使う生活を長くされていたようです。

藤村俊二の若い頃のアフロ画像!高校大学や結婚相手、離婚&再婚相手や子供は?経営したバーの店名や場所はどこ?

藤村俊二さんは神奈川県鎌倉出身、実父はスバル興業社長、小学校から高校まで私立のおぼっちゃま学校である暁星学園で過ごし、演出家を志して早稲田大学第一文学部演劇学科に進学。しかし、理論偏重の教育に飽き足らず中退、東宝芸能学校舞踊科を第1期生として卒業します。

実家はかなりお金持ちだったようですね・・・!

藤村俊二さんは日劇ダンシングチーム12期生として1960年に渡欧し、イギリスやフランスを巡りますが、このとき本場の芸の水準に驚いて舞踊家の道を断念し、帰国後、振付師に転向します。

若い頃の藤村俊二・画像アフロですねー!!

ザ・ドリフターズの大人気番組『8時だョ! 全員集合』などの振り付けを担当、芸能界で俳優としても幅広く活躍する一婦で、東京・南青山バー「O’hyoi’s」(オヒョイズ)を経営するなど、多岐な活動をされていました。

プライベートでは、藤村みか代(前:長尾美香代)さんとの28歳差婚も話題になりました。みか代さんは藤村俊二さんの二番目の嫁で再婚であり、最初の奥さんとは過去に離婚されています。藤村俊二さんの息子で長男の亜美さんは、最初の妻との間にできた子供でなります。

Sponsored Link

藤村俊二の引退直前・最後の出演作は?歴代『ぶらり途中下車の旅』ナレーションも!

晩年も独特な存在感で視聴者を楽しませてくれた藤村俊二さん。役者としては知的な老紳士的役や、「王様のレストラン」「古畑任三郎」など三谷幸喜さん作品でのボケキャラも印象深いですよね。また、映画「デスノート」ワタリ役など、「執事役が似合う芸能人」として話題にもなり、ドラマにもなった『黒執事』に登場するキャラクター・タナカのモデルにもなりました。

アニメ「黒執事」タナカ・画像 また、本人は「タレント」という肩書きが嫌いで「アクター(俳優)」を自認している、という信念があったようです。

そんな藤村俊二さんが最後に出演したのは、日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」ナレーション。2011年10月1日から、 2015年10月10日まで担当されました。

ちなみに1代目は滝口順平さん、2代目藤村俊二さんの後任として、現在3代目には小日向文世さんが担当されています。

また、テレビドラマでは日テレ金曜ロードSHOW!特別ドラマ「Dr.ナースエイド」の葉山幸次郎役が俳優として最後にテレビに出た作品だったようです。

名優として確固たる存在感を築いた藤村俊二さん。未だに信じられませんが、天国でも「おヒョイさん」としても沢山の人を楽しませているのではないでしょうか・・・。

今回は以上です。

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG