約半世紀もの間放送されている日本国民的アニメ「サザエさん」。未だに昭和の時代背景設定が変わらない安定の漫画ですが、長寿番組だけあって、声優交代。久々に見たら声優が変わってる!なんていう視聴者もいるのではないでしょうか。

今回はサザエさんの歴代声優まとめ交代している声優さん一覧新旧動画も紹介していきます!

スポンサーリンク

サザエさん歴代声優一覧&新旧動画比較!交代していないのは誰?

それでは早速交代前&後の新旧声優さん比較・サザエさん動画を見ていきましょいう!

昔のサザエさん動画はこちら。

最新のサザエさん動画はこちら。

波平父さんやフネ母さん、「ええー?」モノマネでおなじみのマスオさんや、カツオわかめちゃんの声優さんが変わっていますね〜。

磯野家・フグ田家のメンバーで、放送開始以降、初代声優から変わっていないキャラクターは実はサザエさんとタラちゃんのみなんです!

スポンサーリンク

サザエさん新旧歴代声優一覧!初代から変わっていないのはサザエさんとタラちゃんのみ!年齢は?高齢化や死去で交代も

それでは早速サザエさん声優一覧を見てみましょう!

まずはフグタ家・サザエさん役&マスオさん役と、磯野家・波平役&フネ役について。

フグタ家・サザエさん役:加藤みどり(1969年 -)

1969年の放送当時からずっと変わらない声優を務めるのはおなじみ加藤みどりさん。現在年齢77歳

サザエ役が決まった時に他のアニメの仕事を全て降りるよう要請されたことから、サザエさん以外のアニメキャラクターを演じることはなく、ナレーションのみの仕事をされています。

フグタ家・マスオさん役:近石真介(1969年 – 1978年)→増岡弘(1978年- )

「えええー?!」のモノマネでおなじみのマスオさん。婿養子の代名詞となったマスオさんの初代声優は、ラジオや吹き替えを数多く担当された近石真介さん。近石真介さんは現在年齢86歳ですが現役。ラジオと声優業の両立が困難という理由で卒業。

2代目の増岡弘さんは現在年齢80歳「アンパンマン」ジャムおじさん役などで活躍の声優・落語家です。

磯野家・波平役:永井一郎(1969年- 2014年)→茶風林(2014年- )

初代波平役を務めたのは俳優・声優業界の重鎮、永井一郎さん。2014年1月末に亡くなられた為、2代目に引き継ぎ。出棺の際は永井一郎さんの弟さんの呼びかけにより、波平の口癖であった「バカもーん!」という言葉で送り出されたそうです。

2代目は名探偵コナンの目暮警部役などの茶風林さん。年齢55歳

磯野家・フネ役:麻生美代子(1969年 – 2015年)→寺内よりえ(2015年1)

現在年齢91歳という大御所の麻生美代子さん。2009年6月に急病のため、『サザエさん』のフネ役を1週間休み、谷育子さんが代役を務めるものの、2015年に卒業。ナレーション業は続投されているようです。

2代目の寺内よりえさんは現在年齢55歳。女優として舞台出演のほか、吹き替え、声優として多くの役柄を演じています。

スポンサーリンク

サザエさん新旧歴代声優一覧!前カツオ役は死去・・。初代は大山のぶ代も!冨永みーなはバイプレイヤーだった!

続いては磯野家の小学生カツオ・ワカメ役&フグタ家のタラちゃん役について。

磯野家・カツオ役:大山のぶ代(1969年 – 1970年)→高橋和枝(1970年- 1998年)→冨永みーな(1998年 – )

実は誰もが知ってるドラえもんの声優、大山のぶ代さんが初代カツオの声優だったというのはあまり知られてないのではないでしょうか。

1970年からカツオ役を演じた高橋和枝さんは『サザエさん収録中に、持病の難病が急変。そのまま病院に搬送され、「伊佐坂さん家のウキエさん」役の声優である冨永み~なさんが、急遽代役としてカツオを演じました。

当初は一時的な代役のはずでしたが、高橋和枝さんの病状が回復することなく、冨永み〜なさん(年齢55歳)はそのまま3代目に。

当時は国民的アニメ『サザエさん』のカツオの声が、突然前触れなく変化したことから視聴者から問い合わせが殺到したようです。

その後、高橋和枝さんは国民の願いも虚しく翌年3月、70歳で死去。

波平役永井一郎さんは危篤状態の際、周囲が「高橋さん」と呼びかけても反応がなかったが、「カツオくん」と呼びかけると「はーい」と小さく返答したと言います。同様に花沢さん役山本圭子さんが見舞いに行った際、「磯野くん」と呼び掛けたところ返事をしたそうです。

高橋和枝さんの葬儀の場で弔辞を担当した永井一郎さんは、「カツオ。親より先に逝く奴があるか」「カツオ、桜が咲いたよ。散歩に行かんか」等と呼びかけたそうです。

そんな永井一郎さんも現在は天上の方・・・。桜の時期は二人で楽しくお花見をされているかもしれませんね。

磯野家・ワカメ役:山本嘉子(1969年 – 1976年)→野村道子(1976年4月 – 2005年)→津村まこと(2005年 – )

ワカメ役の初代声優は数々の声優業を務める山本嘉子さん。その後、ドラえもんしずかちゃん役を務める野村道子さんが2代目に。年齢79歳(!)。

しかし、2005年3月にドラえもんの登場人物全員が新キャストに総入れ替えになるタイミングで、野村道子さんはプロダクション業務に専念するためとして『サザエさん』からも降板。

3代目の津村まことさんは現在年齢51歳鉄腕アトムの声優としても注目を集めました。

フグタ家・タラオ役:貴家堂子(1969年 – )

サザエさんを覗いて唯一初代声優を務める貴家堂子さんは、『天才バカボン』のハジメ役など、幼児役・少女役を多く務める声優。

現在年齢76歳であるにも関わらず、あの「ハーイー」「ですぅ〜」、いやー本当に声優さんてすごい・・!

いかがでしたか?こうしてみると当然かもしれませんが本当に大御所声優さん達によって創られているんだな、ということが分かりますよね。

さすがに歴史のある国民的アニメ、サザエさん。「サザエさん症候群」「マスオさん」など社会現象にもなる日本を代表する漫画。現実がものすごいスピードで変わっていっても、「サザエさん」だけは今後も変わらず放送し続けていってほしい・・!

今回は以上です。

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG