アップテンポで爽やかなとともに、森で散歩する宇多田ヒカルさん。#水の山いってききた#南アルプス行ってきた#おやすみハッシュタグ、最後の「ありがとう」が印象的なこのCMは?撮影場所どこなのでしょうか?

今回は宇多田ヒカルさん出演サントリー南アルプス天然水CM曲撮影場所と、メイキング動画を紹介していきます! 

Sponsored Link
 

 宇多田ヒカル出演、サントリー南アルプスの天然水CM動画、ハードな撮影メイキング&インタビュー動画も!

宇多田ヒカルさんがご自身の歌とともに森林を歩き、ハッシュタグと本人の素顔に迫るような表情や演技がとても印象的なCM。その動画がこちら。 

曲名は「。作詞作曲は、もちろん宇多田ヒカルさん。

メイキング動画はこちら。 

こちらは貴重なご本人インタビュー映像!

撮影は相当にハードだったみたいですね・・・!しかしこのインタビュー映像、宇多田さん笑っていますが寒そうです・・。スタッフさんの苦労を慮るあたり、彼女の職人意識の強さが伺えますね。

Sponsored Link
 

 宇多田ヒカル、サントリー天然水CM曲名「道」に込められた想い

CM曲」には次のような思いが込められているそう。

あらゆる人が作った過去の道は現在の自分へとつながっていて、その道を今度は自分が未来へつなげていくんだ、という思いを込めた歌詞は、100年先を見据え、水を守り、育て、シェアして次の世代へとつないでいく「サントリー天然水」のブランドビジョンにも通じ、やさしさと希望に満ちた軽快なメロディー、力強く伸びやかな歌声と相まって、CMの世界観を引き立てています。

引用元:サントリー公式HP

」の歌詞の一部には宇多田さんの心の中で、誰かを想う魂の言葉たちが。

727fa108-s

転んでも起き上がる
迷ったら立ち止まる
そして問う あなたなら
こんな時どうする

私の心の中にあなたがいる
いつ如何なる時も
一人で歩いたつもりの道でも
始まりはあなただった
It’s a lonely road
But I’m not alone

CM楽曲『は、9月28日に発売された宇多田ヒカルさんのアルバムFantôme」の1曲目の収録曲です。

Sponsored Link
 

サントリー南アルプスの天然水、撮影はどこの森?

見るだけで心が洗われそうな雲海に射す木漏れ陽。今回のCM撮影場所は商品である「南アルプスの天然水」の故郷、南アルプスの北端に位置する日本でも有数の清流が流れる、甲斐駒ケ岳という場所だったそうです。

水しぶきを上げて流れ落ちる豪快な、圧巻の渓谷を前にした「#うぉぉぉ」、そして岩で覆い尽くされた急斜面を登る際の「#うわまじか」は、まさに宇多田ヒカルさん本人の心の言葉そのものであるという感じです。

撮影秘話:撮影クルーも初めて見るほどの美しい絶景に恵まれた撮影日、脅威の晴れ女宇多田ヒカル!

登山は北沢峠(標高2,072m)の登山口から仙水峠(2,264m)を経て、栗沢山山頂(2,714m)を目指すルートを選択。

通常なら1時間半~2時間ほどで甲斐駒ケ岳を望む絶景スポットに到達しますが、各所で撮影を行いながらの登山ということで、宇多田さんと撮影クルーは4時間を目標に早朝4時に滞在先を出発しました。

途中の狭い山道は、大人数でのスムーズな移動が困難なため、制作スタッフは最小限に抑え、サポート役として山岳ガイドが付き添い、安全第一で撮影に臨みました。

早朝4時出発の本格的な山登り。撮影を行いながらの登山、そして2000mを超える南アルプス。

ゴツゴツした岩が急斜面を覆い尽くす、登山ルート最大の難所では、安定した石や木の根っこを慎重に選びながら、そこにしっかり手や足を掛けて、重心をスムーズに移動。どんどん小さくなっていく彼女の姿を、岩場の下にいたスタッフたちは頼もしそうな眼差しで見上げていました。

下山後、「こんなにハードな撮影は初めてだったかも」とおっしゃった宇多田さんですが、自然の中で撮影ができたことが気持ちよかったと振り返っていました。

海外と日本を行き来する宇多田ヒカルさん、登山での撮影という機会は中々ないと思いますが、宇多田ヒカルさん、さすがですね!

栗沢山山頂から甲斐駒ケ岳(2,967m)の絶景を望むシーン。雲の切れ間から白く勇壮な岩肌が姿を現した瞬間、宇多田さんをはじめ、誰もが息を呑んで、その景色に見惚れていました。

山岳ガイドによると、これほど美しい甲斐駒ケ岳が見えたのは、この1ヶ月間でわずか3回目なのだとか。何度もロケハンを重ねた撮影クルーすら一度も見たことがなく、ここでも驚異の晴れ女っぷりを見せつけた宇多田さんは、「奇跡だ!」と喜ぶスタッフと並んで、しばし立ち尽くし、神秘的な山容を目に焼き付けていました。

引用元:サントリー公式HP

まさに、奇跡的なタイミングだったようですね!

インタビュー映像でも「友人から雨だけど大丈夫なの?」とすごく心配されたと言っていた宇多田さん。撮影当日の奇跡によって完成されたCM作品。すべての素晴らしい要素とタイミングによって完成された背景が、より一層このCMを魅力的に見せてくれますね。

どこ,森,宇多田ヒカル,新曲,道,サントリー,水,CM,動画約6年ぶりに活動を再開された宇多田さん、十代で彗星のように現れ一斉を風靡した天才歌手も、30代になり大人の女性の魅力を増して日本の音楽界に戻ってきてくれました。今後も彼女の芯の強い美しさで、日本の音楽界を牽引して行って欲しいですね!

今回は以上です✨

宇多田ヒカル、2020年東京五輪のテーマ曲を担当?関連ブログはこちら

オリンピックテーマソングはどうやって決まる?東京五輪の歌手候補も

 Sponsored Link
 

関連商品

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 TREND BLOG