ニベアCM曲や2017年3月9日行われたプレミアムライブ、アルバム新曲でも注目の元レミオロメン藤巻亮太さんがミュージックステーション3時間スペシャルに登場する事が話題になっています!

今回は藤巻亮太さんの知られざるプライベートについて、高校大学身長体重結婚相手子供年齢性別離婚の噂になった不倫相手熱愛彼女画像、またレミオロメン解散理由についても紹介していきます!

Sponsored Link

藤巻亮太の年齢や本名、高校大学や身長体重は?結婚相手の嫁との出会い馴れ初めきっかけは?子供の年齢性別&小学校も!

藤巻亮太さんは山梨県出身の現在年齢37歳。本名は藤巻亮太(ふじまき・りょうた)さん。

2000年頃から活動スタートさせ、2012年に活動休止したロックバンド・レミオロメンではボーカルとギターを担当、楽曲の全ての作詞とほぼ全ての楽曲の作曲をしていました。

藤巻亮太さんは高校卒業後、前橋工科大学を卒業。身長172cm、体重は55kgくらいでしょうか。

めっちゃ細いですもんね・・。

そんな藤巻亮太さんは実は一般人女性と結婚しており、男の子の子供の父親でもあります。奥さんとは大学時代に知り合ったそうで、職業は看護師だそうですよ!学生時代に出会ったということなので、奥さんとの出会いきっかけ馴れ初めは大学のイベントか何かだったのかもしれませんね〜。

ちなみに藤巻亮太さんの息子は現在年齢11歳、名前小学校については情報は確認出来ませんでしたが、藤巻亮太さんはレミオロメンとして紅白にも出場されていたので学校でのパパの存在はかなり注目を集めたのではないでしょうか。

Sponsored Link

藤巻亮太、妻と離婚?不倫相手はモデル西山真以!画像も!

そんな良き父親としての一面を持つ藤巻亮太さんですが、意外なことに離婚の噂もあり、一時期はファンの間で「既に離婚している」との情報もありました。

噂の発端となったのは、藤巻亮太さんの不倫疑惑。熱愛相手は、ファッションモデルの西山真以さん。

西山真以・画像

西山真以さんは東京ガールズコレクションなどのイベントや雑誌、CMなどに活躍中の現在年齢32歳のモデル。藤巻亮太さんとはテレビの仕事か何かで出会ったんですかね〜。

ちなみに普段はクールで冷静そうに見える藤巻亮太さんですが、ライブやコンサートではかなりおっちょこちょいな性格を見せるそうです。ギャップってやつですね〜。

そんでもってマイクやギターを持たせればあらイケメン、となればモテない訳がありません。

ですが不倫離婚の噂が出てから数年経っても離婚情報は出てこない事から、既に西山真以さんとは破局を迎えて家族円満に過ごしている可能性が高いですね。というか、そうであって欲しいです・・。

Sponsored Link

レミオロメンはなぜ解散した?ソロ活動を始めた理由は?再結成はある?

藤巻亮太さんがボーカル&ギターを担当したロックバンド、レミオロメンは「粉雪」などの大ヒットを生み出し、紅白にも出演するなど大ブレイクを果たしますが、2012年に活動休止。現在ソロとして活動中の藤巻亮太さんですが、レミオロメンなぜ解散したのでしょうか?

レミオロメン藤巻亮太さんとベース・コーラス&作詞作曲の前田啓介さん、ドラム・コーラスの神宮司治さんからなる3人のロックバンド。

ちなみに3人は小学校の同級生であり、バンド名の由来メンバーでジャンケンをし、勝った順に1文字、2文字、3文字好きな文字を選び繋げたものというもの。

藤巻亮太さんはイギリス出身のロックバンド、レディオヘッドが好きなことから「レ」、神宮司治さんは当時の彼女の名前と自分の名前の頭文字をとって「ミオ」、前田啓介さんは路面電車が好きなことから「ロメン」を取り、それらを繋げて「レミオロメン」としたそうです。

何だかほっこりしますねー!笑

2000年から活動を開始したレミオロメンは、2012年2月1日より公式にバンドとしての活動休止がアナウンスされ、現在はメンバー3人がそれぞれ音楽活動をしています。

レミオロメン解散理由については、藤巻亮太さんはこの様に話しています。

レミオロメンを10年やってきた中で、レミオロメンの文脈とは違ったり、バンドで共有するにはあまりにもプライベートなことを歌として吐き出したいと思ってしまったんですよね。

2010年に結成10周年のツアーを回ったんですけど、それが終わったあと、自分にとってリアリティーを持って歌えることが何かを考えたら、そこに触れないわけにはいかないと感じてしまって。ここでその自分の中に溜まったドロッとしたものに向き合っておかないと、これから先やっていけないと思ったんです。それでソロを始めました。

20歳でレミオロメンの活動をスタートさせ、当時30歳の時ですね。

他の二人にもやっぱりそういう意識があって。10周年のタイミングで、レミオロメンに向かって行く気持ちの他に、それぞれやってみたいことがあったんですよね。

もちろん、それがレミオロメンと共存できれば良かったんですけど、そこはやっぱりエネルギーの持って行き方とか、人生に対する捉え方がそれぞれ違うわけで。レミオロメンに所属しながら何かをやりたいのか、それとも個人のことにどっぷり没入してやりたいのかっていう。

一緒に走ってきた同い年のメンバー2人も同じ様な気持ちがあったんですね・・

やっぱり20代っていうのは脇目も振らず駆け抜ける感じがあるじゃないですか。その良さはもちろんあるんだけど、一度ゆっくりと自分に向き合いたいと思うタイミングだったんですよね。

最初はバンドをやりたいっていう気持ちだけで始めたのに、どこかで何か1個のルーティーンの中に自分たちが入ってしまっているんじゃないかってことも考えたりして。

引用元:CINRA.NET

20代に見ていた景色と、10周年を迎え、30代で見えてきた景色。レミオロメンとして、メンバー個人として、探りながら音楽と一緒に走っていくアーティストたち。

それぞれの道を進んだ後の、また新たな形での「レミオロメン」として、再結成を心待ちにしたいですね!今後も藤巻亮太さん、町田啓介さん、神宮寺治さんそれぞれの活動を応援したいと思います! 

以上、今回は藤巻亮太さんについてでした✨

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG