梅雨も過ぎて夏になると裸足でサンダルやミュールなどおしゃれな靴を楽しむ季節。そこで気になるのが裸足の「かかとケア」。ペディキュアのお手入れはしっかりしてても、かかとが乾燥して白くガサガサで汚い!てことありませんか?

今回はかかとがガサガサになってしまう原因と対策ツルツルすべすべな綺麗なかかとにするお手入れ方法を紹介していきます!

Sponsored Link

かかとが汚い!白くなる、角質が硬くて痛いしかゆい、ひび割れやガサガサがひどいのはなぜ?かかとが乾燥する原因は?

かかと角質が硬いことで痛み、痒み、ひび割れ、乾燥白くなったりガサガサがひどい状態が直らないと、せっかくの素足ファッションも台無しですよね。

そもそもなぜかかとがガサガサしてしまうのかというと、原因は溜まった角質が挙げられます。

加齢によって基礎代謝が低下し肌のターンオーバーが遅くなると、角質がはがれにくくなり、古い角質がかかとに溜まりやすく、厚く硬い皮膚になってしまうんですね。

また、足の裏には汗腺がなく、乾燥しやすい場所でもあります。さらに普段歩きすぎたり運動したりする人は特に、体重がかかって摩擦が発生しやすく、どんどん硬くなってしまいます。

また、つま先が尖ったりヒールが高い靴や、きつすぎたり緩すぎたりなど足に合わない靴くのも、足に負担をかける行為になります。

合わない靴をはく事でより強い摩擦が発生し、皮膚が体を保護しようとより硬い角質が溜まりやすくなる原因にもなります。同様に、サイズの合わない靴下やブーツ、長靴なども要注意ですね。

Sponsored Link

かかとを削るのは危険?血が出る?すべすべにするかかとのおすすめケア対策方法は?

角質が厚くなってしまったのなら、その分削ればいいのでは?と専用のヤスリやお風呂でピーリングクリームなどを使ってかかと部分の皮膚を削ってしまいがちですが、ただ単に削ればいい!というのは逆効果になってしまうこともあります。

必要以上に角質を削り過ぎると、「削られた分を早く回復させなければ」と体が反応して、更に角質が分厚くなってしまいます。 これはかかとに限らず、どこの肌の部分も同じで、何でもやりすぎはよくありません。 

自宅でかかとのガサガサを削る場合は、市販のマッサージクリームか、オリーブオイルと塩を混ぜるだけで簡単なスクラブな作れますので、円をかくように優しくマッサージしてあげましょう。レモン汁を入れるとさらに効果的ですが、なくても大丈夫です。

 
何年も溜まった角質を一度のマッサージで全て綺麗にするのは難しいので、一度にやりすぎずに適度に優しくマッサージしてあげましょう。
 
角質を柔らかくしたら、専用のクリームなどでしっかり保湿してあげてください。
 
スプレー足裏専用パックなども簡単でオススメですね。使用する化粧品に関しては自分の肌に合うものをしっかりと選んでいきましょう。 

 

 
また最近は保湿靴下なども売ってますので、お風呂上がりにはクリームと合わせて靴下もはいて、より保湿効果を高めるのも良いですね。
 
 
足の裏やかかとも意外に見られている部分。しっかりケアして素足美人を目指しましょう★

今回は以上です!

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 TREND BLOG